2009年 07月 15日

10代の価値観の変容?

今日は職場でたばこ対策絡みのセミナーがありました。

これまで20歳以上を対象にした調査結果ばっかり見ていたのでよく知らなかったのですが、未成年(中高生)の喫煙率(毎日ではないが喫煙する人を含む)は、2004年あたりからがっくり下がってるんです。高3で2000年に男子37%・女子16%だったのが、2004年には各22%弱・10%弱くらいに。男子高校生はどの学年でも15%近く下がってます。へぇぇ。サンプルも十分(全体で10万人)で、調査方法も変えてないと。

・・・なんでだろう。広告規制の効果、たばこの値上げ(2003年に値上げ)、未成年喫煙対策の効果・・・なんだと考えることはできますが、私はそんなことで10代の喫煙率って減らないと思うんですよね。10代の間で「たばこ=かっこいい」の図式が崩れてきているのかなぁと。

私が10代前半の頃は、まだ「盗んだバイクで・・・」ではないですが、いわゆる「不良」さんが学校に集団として存在してて。そしてやっぱり「たばこ=ワル=かっこいい」の図式はあったと思います。10代の終わり頃には、「たばこ=ちょいワル」程度にはなっていましたが、まだたばこは「ワル」のシンボルではありました。なにしろ法律違反ですし、その言葉に10代の心は刺激されます。進学校でも、結構吸ってましたね。ストレス解消だったのかもしれませんが。

で、不思議なんですよね。中高生の間で、化粧や髪の毛のカラーリング、それから性関係に対する態度や価値観は、以前よりもずっと緩くなってきていると思うのに(多分、ですが)、なんで喫煙率は下がるのかなと。学校での取り締まりが厳しくなったとか、そうゆう外的要因ではなく、内的要因ではないかと私は考えてます。今の10代って、スマートかつ冷めているイメージありますが、そのせいか・・・(自身にとってたばこのプラス効果は少ない)。昔より明確に「不良」が定義できなくなって、たばこのシンボル性が失われているのか・・・。ゆとり世代は受験ストレスが少ないのか・・・。

理由はよく分かりませんが、20代でも飲まない草食男子が増えていると言われているように、10代ではそれに続き「吸わない」草食男子が増殖中なのかもしれません。これで単に、「正直に回答しない人」が増えているだけだったら笑えます。その場合、もっと重大な問題の発覚です。
[PR]

# by philosophia_nash | 2009-07-15 01:35 | Work
2009年 07月 12日

本日のいけばな


まだ中腰姿勢は負担が大きくて怖いのですが、稽古にいってきました。

今日は生花二種生。これは立って生ける花なので、まさに中腰との格闘でした。さりげなく途中途中座ってました(^_^;)

b0062824_23142181.jpg

花材:マンサク、小菊

ついでに今日の高田馬場駅(東西線東側の改札近く)のお花(小原流)も撮ったのでUP。カゴ可愛いですよね。
b0062824_23142115.jpg

[PR]

# by philosophia_nash | 2009-07-12 23:14 | Ikebana
2009年 07月 10日

ぎっくり腰

昨日物を取ろうとした時ちょっと無理な体制を取ってみたら、腰を痛めました…orz
最初は右足を支える部分が痛むので立てませんでした。

ぎっくり腰一歩手前だそうで、朝行った近所の接骨院で電気治療+骨盤の微調整+コルセットを購入。

でも座っているだけでも痛くなってきて、週末は寝たきりかと凹み…。

午前半休を頂いたので一応元の会社の上司にも報告したら、急遽上司御用達の骨接ぎ師のところへ連れていかれることに。

なんと部長も御用達のところらしく、腰痛は100%治るという凄腕の先生。最初は半信半疑だったけど、私の腰痛の原因(きっかけではなく)は、右足首の捻挫を放置してたことと言われ、足首、骨盤、首、ずれてる箇所全部治してくれました。

そういえば前に試合で軽く足首やっちゃった時、放ってたんですよね。治した後、世間話しながらなぜかオムカレー(手作り)をご馳走になりました・笑


筋肉の痛みがまだ若干ありますが温めれば良くなるとのこと。耐え難い腰痛は治りました!寝たきり生活は回避です!嬉しい(>_<)

でも明日は家で大人しくします…。痛みが取れたら筋トレして足腰鍛えます!めちゃくちゃ筋力は落ちましたが、故障が無いのだけが救いなので絶対腰痛は治したい。
[PR]

# by philosophia_nash | 2009-07-10 21:29 | Health
2009年 07月 09日

逆カルチャーショック

私の出向前任者の先輩が、二年ぶりに会社に戻って、逆カルチャーショックで苦しんでいるらしい。

ひとたび違う仕事や文化を知ると、今まで見えなかった色々な物が見えて、自分のキャリアに対する考えも揺らぐのでしょう。知る前には戻れないからなぁ。

そもそも出向ってその期間の意味をきちんと考えておかないと、ただの戦線離脱期間にもなる。実は、一年半前に出向を打診された時点では私は一度きっぱり断ってます。楽な方へいってプラスになると思えなかった。

その後ある時仕事に閉塞感を覚えて。このままじゃマズイと思ってアッサリ引き受けました。説得にかかろうとした上司は拍子抜け。強制的にでも環境変化させた方がプラスに働く確率が高いと踏んだのですが…。

でも二年間というのは、集団において欠けた人の存在を完全に埋めるには十分過ぎる程の時間。私はそれを誰よりもよく知っていると思う。感覚的にはすんなり戻れる離脱期間は一年以内。

戻る時はゼロからの再スタート。尚かつ、前と同じ立ち位置に戻ってしまったら二年間の無駄遣い。その腹はくくってます。コンサルタントとしてのキャリアでハンデを負う分、誰のものとも違う武器を手に入れないと。
[PR]

# by philosophia_nash | 2009-07-09 02:36 | Work
2009年 07月 08日

生花新風体

「いけばなしんぷうたい」・・・ではなく「しょうかしんぷうたい」と読みます。生花正風体よりも新しく考えられた型です。

仕事後にお稽古行って、生花新風体は二杯生けたら流石に疲れました。

正風体に対して新風体は名前のごとく、"新しい風"を感じる作品でないといけないので、毎回本当に大変。生け込みは本数が少ないので楽っちゃ楽ですが、感性勝負というのはなかなか・・・。あくまで「生花」の基本を押さえつつ、花材達の今までとは違う魅力を引き出す。

しかし携帯カメラで素人が撮るとお花の奥行き感がまったく出ないな・・・。

上段:夏はぜ、すすき、なでしこ
下段:しゃが、玉しだ、なでしこ

b0062824_251564.jpg
b0062824_2511513.jpg

[PR]

# by philosophia_nash | 2009-07-08 02:52 | Ikebana
2009年 07月 06日

ちぐはぐ47都道府県

ここのところ、地方厚生局とやりとりをしています。
全国で厚生(支)局は8つあるんで、各厚生局管内の都道府県の情報は取りまとめてくれているものだと思い、『ある公開情報について2つの該当要件の内訳が知りたいので詳細情報をください』という内容の行政文書開示請求を各厚生局宛に送りました。

蓋を開けてみれば
1)うちではとりまとめは行っていないから1県分以外は各都道府県事務所に手数料を沿えて請求しなおしてくれ
2)管内の都道府県の請求窓口は厚生局で一括して扱っているのでとりまとめは可能(こっちは手数料は1件分でいいのか未だ疑問)

という2パターンが明らかに存在し、加えて

A)行政が持っているデータ上でも内訳の識別が不可能(なんじゃそりゃ)⇒故に開示不能。
B)データ上は識別可能だが、行政文書にはなっていないため開示対象が無い(屁理屈・・・)⇒故に開示不能。
C)データ上識別可能であり、内訳ごとの情報提供可能⇒口頭では今のところ開示OK。

という3パターンが存在しています。AやBがいる中、さらっとCがいるんです。

また、四国と九州を除いては各都道府県ごとのやりとりになっているので、毎日のように「nashさん、滋賀からお電話です」「nashさん、奈良からお電話です」「nashさん、静岡からお電話です」という状態に・・・。もう、どうにかして!!状態。

しかも、近畿厚生局(大阪府を管轄)はAパターンだと回答していたのに、同じ近畿厚生局が事務所を管轄している奈良はCパターンと言うし。??一体どうなっての?この国は!!

とりあえずAとかBパターンには、「~~県はCだって言ってるんですけどねぇ~」と言って粘ってます。最悪は全都道府県「開示不能」で通知が来るかもしれませんが、どこか1箇所でも開示してくれる都道府県があれば「開示不能」と堂々とは言えないはず!・・・と思い、こうなったら意地です。

去年、各社会保険事務所から業務移管されたばかりとはいえ、これはヒドイです。・・・この聞く場所によってちぐはぐな回答が返ってくるの、カナダの行政を思い出します(カナダでは、官民問わずそれが普通なんです)。しっかりしておくれ・・・。
[PR]

# by philosophia_nash | 2009-07-06 23:27 | Work
2009年 07月 02日

勇気ある人事考課

今日は7月1日カナダデーでございます。明後日から天皇陛下がカナダをご訪問されるそうで!いやぁ・・大使館は今頃きっとてんてこまいなんだろうなぁ。

さてさて、昨年度の評価が出ました。うちは個人レベルにおいては、同じ部署内で同世代3~4年幅(多分)での相対評価が基本なのですが、びっくりするほど良い評価をもらいました。今までは同期は皆何やってても横並び評価だったので、初めてまともに面談で話をされました。出向中は平均値しかつかないので気を使われた感もありますが。

情意効果がどうだったか微妙ですが、業績評価に重点が置かれた結果、チーム(分野)の勢いがそのまま個人評価に反映されちゃった感じです。『同じことをやるなら出来るだけ高く評価されるにこしたことない』というのは父の教えなので、ありがたく受け取ってはおきますが・・・実力と勘違いしたらマズイですね。実際、チームとリーダーと上司に恵まれましたのが大きいです。

しかし・・・人事部のブラックリスト入りしている人間を相対評価の上に持ってくるとは・・・なかなか勇気ある人事考課ですね。辞めることを懸念されたのかしら。なにしろ、問題児が多いうちの部署であっても、名指しで人事部から警告が来たのは私くらいだったらしいですから・・・(前部長は本気で焦ったそうな)。

上司からも再三説教をされ。説教してくれる人がいるっていうのは幸せ者ですが、昨年度総説教時間は何時間だったか?!最後は「頼むから上手くやってくれ。こんな(くだらない)ことで君のキャリアに傷がつくのは避けたい」と言ってました。でも、一社会人としてのプライドを捨ててでも、キャリアにケチがついてでも、守りたいものがあったんですよ。上司は本質的に私とよく似ているので、叱りつつも理解していたようでした。

上司には言わなかったけど、女の私からしてみれば、社内評価より社外における評価のほうがキャリア形成の上でよっぽど重要だと私は個人的に思います。同じ仕事するならよい良い報酬を求めるのは自然ですが、男性がよくこだわる権力もポジションも興味がないもの。社内評価は公平中立とは限らないけど、お客はちゃんと見てる。お客さんからの信頼があればいい。その私を、最も買ってくれるところで働ければいいかなと。今はそう思ってます。

でもま、客の信頼さえ失わなければ他は厭わないなんてやり方、そろそろ改めないとダメですね。30代になったら30代らしい仕事ぶりにしなければと・・・思います。ひとまずは、うちの会社の意外な懐の深さに乾杯☆
[PR]

# by philosophia_nash | 2009-07-02 01:01 | Work
2009年 07月 01日

Facebook様様

昨日からの胃腸の調子の悪さは朝起きたら収まっており、熱も吐き気もない!ということで、今日はちゃんと仕事にいけました。打ち合わせもあるし、6月も今日で終わりだからとちょっと焦っていたので、休まずにすんでよかった。明日は7//1。色々な発表があるかもしれない?Xデーです。

さて、今日5年ぶりくらいの友人からFacebook経由で連絡がありました。Facebookの友人検索機能で私のメアドが引っかかったのでしょう。カナダで大学院が一緒で、彼女はPolitical Scienceという日本ではあまり無いメジャーを専攻していて、私はPublic Healthで当時やっぱり日本ではほとんど学べる機関が無い分野で、意気投合したのを覚えています。

彼女の卒業後の進路未確認のままだったのですが、なんと一昨年からシカゴにいて、この前現地の方と結婚したとの報告が。Facebookで写真を見たら、結構mix的な顔立ちの旦那様。

でも確か・・・私の記憶では・・・卒業するかしないかくらいの時期に、日本の大学院に通っててハワイでフィールドリサーチしている婚約者がいたはず・・・。あれ・・・???5年経ってるからなぁ。まだ途中経過のアップデートをしてもらう必要ありです(^^;
[PR]

# by philosophia_nash | 2009-07-01 01:31 | Miscellanea
2009年 06月 29日

しまった

週の始めめなのに胃腸の調子がすこぶる悪いです。
胃の下の方がシクシクと痛んでます。食中毒ではないみたいですが…。昨日結構雨に濡れたのがいけないのか…。ウイルス性じゃないといいのだけど。

ひとまず様子見ます。痛みが引かず、嘔吐か発熱が加わったら医者にいこうかなと。
[PR]

# by philosophia_nash | 2009-06-29 23:31
2009年 06月 29日

大切なもの

変な時間に寝て変な時間に起きてしまったので昨日の日記を書いておきます。

国技館ライブへ行ってきました。お相撲さんの写真に囲まれながらあの屋根を見上げながらのライブ。席が悪く音響も微妙でベースが全然聞こえませんでしたが、貴重な空間を体験しました。

思えば初めて彼らのライブへ行ってから10年。10年前に大好きだった曲を聞いて、色々経験して色々変わったようでも、自分の本質的な部分は何も変わってないなぁと思いました。と同時に私はまだあの頃の疑問に答えてないのだとも。

ま…三時間たちっぱで居られなかったり、二の腕が既にだるく明日筋肉痛は免れなさそうだったり、変化も痛感しますが…。ステージ上の彼らも体の一部がつったりしてて大変そうでした。
[PR]

# by philosophia_nash | 2009-06-29 04:34