Philosophia

philo.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 31日

東京1区

私のところの選挙区は注目の東京1区です。都議選に続き話題性のある地区でなかなか投票しがいがあります。

午後に買い物ついでに出かけたとき投票にいってきました。ZEROの出口調査の人がいたので協力しておきました。選挙前といえば休み返上・学校サボりで調査やってた頃が懐かしかったです。

帰ってきてからテレビつけてますが、続々民主が勝っていきますね。これから仕事にどう響いてくるか…。くだらないことをやられたら迷惑ですが少し楽しみでもあります。でもM.Tさんが外務大臣になると厄介なので密約が無いといいなぁと思ってます…でもあるんだろうなぁ。

うちの妹も一応有権者なので親が投票に連れていったようです。「入れたい人も入れたい政党も無い」って言ってました。そうよねぇ。

因みに東京1区、速報みたら海江田さんが確定してました。あらー。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-08-31 00:13 | Miscellanea
2009年 08月 26日

消費者庁設置って忘れてた

昨日、行きの飛行機でたまたまお隣に座ったのが某省のお役人さんでした。

ぱっととなりを見たら、霞ヶ関特有のゴシック12ポイント、赤黒の二色刷の資料を一生懸命読んでいたのですぐわかりました。
消費者庁設置に伴うJAS法の地方説明会の行脚のようでした。(資料丸出しで寝ていらしたので丸見えで…すみません。情報漏洩に気をつけて!)

消費者庁ってそういえば今年10月にできるんでしたね。なんか業務の線引きの難しそうな庁ですが…。食品安全は今まで厚労省や農水省でしたが、一部移管するのかな。

しかし設置を提唱した人はとっくの昔に退陣しているし…一度上が決めたら、良いものも悪いものもあくせく動いて実行しなきゃいけない官僚もなんだか不憫な気がします。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-08-26 13:23 | Work
2009年 08月 26日

短気は遺伝か・・・

この前の土曜日の朝珍しく母から電話があり、ノートPCが立ち上がらなくなったと言いました。前から兆候があったので、先月バックアップも取ったし大丈夫だったのですが、保証が切れてて修理に5万くらいかかると言うので、海外へ出る前に新しいのを買った方がいいということになり。

母の予算と要望を聞き、日曜日の朝には守るべきスペックとオススメのメーカーとタイプを教えて、30日には一緒に下見にいけるからと伝えたのですが…

日曜日の夜実家にいったら、机の上に真っ赤なFMVがあるではないですか!
母いわく一人で下見に行ったら富士通フェアをやっていたので買ってきてしまったとのこと…。

まあ、価格はネットで調べた最安値に近く、スペックも母が納得しているから良い買い物だったので良いですが(^_^;)びっくりしました。

メールチェックは非常にマメな母ですが、ここまで短時間で行動を起こしてしまうとは。私の短気は母似かなぁ。

因みに父はプラズマテレビを買うとき数ヶ月に渡って検討し、下見にも何回も足を運んでいました。あまりに買わないので最後私はイライラしました(笑)待てば新しい機種が出るからキリないですもん。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-08-26 00:06 | Miscellanea
2009年 08月 22日

バレーボール見てます

・・・実は今日だけは見られなかったのですが・・・。ずっと頑張ってみてたのに(><)
私が見ないと、勝つってどうゆうことよ・笑  しかしハイライト見ただけだけど、オランダは随分調子悪かったですね。

しかし、なにはともあれオランダのユニフォームの色、可愛いです。白人じゃないと似合わないような薄めのターコイズっぽいブルー。リベロのオレンジがまたブルーに映えてとても可愛い☆いいなぁ。こうゆう色はやっぱりアジア人にはイマイチだよなぁと思います。

全日本女子の中では、結構前から木村選手のファンなのですが、今回は加納選手と井上選手に注目です!

加納選手といえば、初めて見たとき(15歳)には、いかにもバレーボール少女っていう感じのおぼこい顔だったのに、いつの間にやら・・・こんなに綺麗な子に成長しててびっくり(女の子って15~20歳くらいで一番変わるんだな~と実感)。加納選手は、まだイマイチな日もあるけど、スパイクも振りが速くてシャープで良いし、今後に期待!高校時代は故障ばっかりで大変そうでしたが、全日本でまた見られて良かった★メディアが大喜びしそうなシンデレラ選手ですよねぇ。

井上選手は、この前Vプレミアリーグ見に行った時、アリーナ最前だったので間近で見たのです。いい動きしてたから、なんでこうゆうセンターが全日本に選ばれたことが無いんだろうか・・・って思ってたんですよ。そしたら見事に初選出!!井上選手は・・・近くでみたらこんな細いバレーボール選手いるんだ!!っていうくらい細かったです。ちなみに、色白なせいかテレビ映りあまり良くないですが、テレビで見るよりずっと可愛かったですよ。

ちなみに、実は平井理央アナは、高校のバレー部の後輩なのです。いつもバレーの応援には力が入ってて、偉い!ルールも分かってるし、さすがバレー部★フジではバレーボール系の仕事は必ずといってもいいほど彼女が担当してますもんね。ついつい、いつも贔屓目で見てしまいます(^^; いいの、「さしすせそ」が上手く言えてなくても。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-08-22 01:10 | Volleyball
2009年 08月 20日

めざせカナダ屋

突然ですが、今度、カナダの医療・介護制度について講義をすることになりました。

講義といっても、大学みたいな教育機関じゃなく、カナダへ視察にいく病院関係のサービス業の方々への制度についての事前レクに過ぎないのですが。

うちにカナダについてのレク依頼が来て、「カナダといえばnashさん!」となったらしく・・・。ついにnash先生と呼ばれる日が・・・!!

ちなみに私、博士持ってないし、院時代の専門は医療とか介護ではなく、公衆衛生の中でも行動科学なんですがね・・・(しかも何年前だ・・・)。もちろん、医療制度の基礎知識も一応ありますし、受診経験もありますし、全く知らないわけないけど・・・・べ、勉強しないといけないですね。幸い、メインがオンタリオ州みたいで良かった・・・。ブリティッシュコロンビアとかサスカチュワンって言われるとねぇ・・・。でもケベックも入るみたい(><)守備範囲外!

実は、カナダやアメリカは州単位で制度が動いているのでデンマークやスウェーデンみたいな分かりやすい専門家(~~屋)が極めて少ないのです。アメリカはまだ、日本と制度は全然違うのだけど無視できない国なわけで、皆基礎知識あるし、ウォッチしている人も多数いるのですが・・・カナダは地味な国だから・・・。というわけで、にわかカナダ屋として私が出て行きます。

カナダの医療は・・・けっこういい制度だと思うけどいかんせん予算が少なく公的医療の抑制がすごくて・・・MRI半年待ちだし、風邪ひいても医者に診てもらえる(しかも治療ではなく診断のみ)のは7日後とかだし・・・。もう治ってるって!でも、介護・福祉系では見習いたい点も結構あるんですよ。

え~良いところも悪いところも含めて、これがカナダ!をレクしようと思います。カナダ屋、本気で目指そうか・・・。てか、視察に私もついていきたい・・・。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-08-20 23:25 | Work
2009年 08月 20日

びっくりしたこと

その1:給与間違い事件
いまさらですが、数日前に7月の給与振込みに間違い発覚!6月から出向に伴い、裁量労働⇒時間管理型労働に戻されたわけですが、その移行をシステムが中途半端に認識していたらしく、なんと、基本給+1日分の裁量労働手当だけが支払われていました。1日分って・・・2000円ちょっと・笑

約6~7万円が不足していたのですが、社外では給与明細が見れず、昇給もあった関係で「なんか時間管理型になったらちょっと少ないなぁ」くらいに思ってました(^^; アブナカッタ。気付かなかったらどうなってたんだろう・・・。通勤費の振込み等に間違いがよくあるので、社内ではチェックしてたのですが、会社に戻った時にちゃんとチェックするようにしようと思います。皆さんもご注意!・・・ちなみに不足分は9月まで支払われないそうです・・・延滞金取りたい気分(--;

その2:Docomoメール不着事件
最近立て続けに、Docomo携帯の友人からメールが届かない事件がありまして・・・。
私はDocomoを使ったことがないので知らなかったのですが、Docomoはテキストメールとデコメで使用するHTMLベースの絵文字を区別なくメールの中で使えるそうですね・・・。au等は最初に「デコメ」を選んで作成しないと、デコメにはならないのですが、無意識でもDocomoさんはデコメが送れるみたいで。

どうやら、メール受信設定でHTMLメールの受信を拒否していたため、Docomoのデコメがまったく私に届いていなかったらしい!いつからこの設定をしていたのか、私は全くこのことに気付いておらず・・・。Docomoをお使いで「なんでnash返事しないの!」と思った方がもしいたら、すみません、届いていないです(><) 設定変更しましたので、大丈夫だとは思いますが・・・。Docomoをお使いの方、他の携帯会社に送る場合にはご注意くださいね。

その3:改札で何か聞こえる・・・事件
6月から通勤で使っている職場の最寄り駅では、通過するたび、何かぼそっとした声が聞こえてました。

・・・よくよく聞いてみたら、人が改札を通るたびに駅員さんが小声で「ありがとうございまっす」と言っている! 
朝も夜もです。人によって言い方やボリュームは異なりますが、都営地下鉄のなんかのキャンペーン?あんまりハッキリ言っていないので、ぼそっと聞こえてちょっと怖いんです。あんまりポジティブキャンペーンになっていないような(^^;
[PR]

by philosophia_nash | 2009-08-20 01:49 | Miscellanea
2009年 08月 17日

Reunion in Hong Kong

今年の夏休みは、香港にいくことにしました。

今週中に昨年度の仕事を片付けて(…これでも普通)、来週は高飛びです。

香港には今カナダ時代の恩人(香港系カナダ人で今は台湾の大学教授)が帰省しているので香港・マカオの観光案内してもらう予定です♪

私は基本、海外旅行は友人のいるところにしか行ったことがなく…旅の主目的は「再会」なんです。今やSkypeやビデオメッセンジャーもありますが、せっかく日本を抜け出すなら普段会えない友達や大切な人達に直接会いたいですしね。

誰も知っている人がいない土地が苦手なのもありますが…。友達がいるだけでawayから一気にhomeな気持ちになります。旅が何倍も楽しくなるので好きです。

今回は五年半ぶりの再会です☆この人を抜きにしては私のトロント大での修士号取得は怪しかったと思います。最初はwriting skillも統計も酷いもので本当に大変だったので…。

お土産何にしようかな…考え中です。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-08-17 23:20 | Holiday
2009年 08月 16日

アマルフィ

今日は姉の誕生日祝いで、新丸ビルの「四川豆花飯荘」でランチをし、その後父と妹と一緒に「アマルフィ」を見てきました。この映画は是非とも父と見ようと思っていたのです(^^) 医療ドラマを医者がみると「なんだこれ」と思うように、やっぱりそうかなぁと。

なんだか、ちょっと相棒テイストなストーリーでした。映像は贅沢でしたが、二時間半くらいあったでしょうか、少し長いなぁという印象を受けましたね。前半部分、もう少しさらっと描ければ良かったような。

映画に出てくる日本大使館は、全て実物だそうで。あの内容でよく撮影許可でたなぁと。台詞や登場人物の態度は大げさな点もあったけど、この映画で描かれている大使館の様子はかなり実際に近いとのこと。会議の様子なんかけっこうリアル。ドラマなんかで描かれる時はイメージ先行で本当にヒドイですから。

私の印象では大使館の仕事や大使館員はもっとずっと地味ですけど(もちろん、ギラギラした人達もいるらしい)、要人が訪問する時はあんな風にどたばたらしいです。一番下っ端の人(ノンキャリ)が、新人の着任時に空港へ迎えにいったりアパート手配を手伝ったりするのも、そのままです。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-08-16 21:01 | Movie
2009年 08月 12日

有り難きお言葉

私は、出向してからも違う立場の人間として以前からのお客様のところに出入りしてます。
今日も、調査研究結果の情報提供のためのレクチャーに同行して私にとっては馴染みのお客様のところにいきました。

私が入社以来ずっと関わってきて、まるで私の代名詞のように使われるプロジェクトに深く関係する内容だったので同行したのです。

つまり今日のレクチャーの相手も、つい3ヶ月前までわりとべったり一緒に仕事していた人なわけで。二年周期で異動がある人達なのでまだ一年くらいの付き合いですが。

今日私の顔見るなり
「nash。さんがいなくなって本当に大変です。」と仰り。ま…抜けたタイミングが悪すぎたのですが…調査打つだけ打って戦線離脱でしたから。勿論引き継ぎはちゃんとしましたがディープな内容だしちょっとした歴史があるので、後任は相当苦労しているようです。

私も出向していなかったら今年度は今までぶっ通しで毎日終電、休日出勤、週一タクシーだったと思います。あのままやってたら私も流石に参っていたかもしれない…

出向してから、そのプロジェクトでお世話になった他の担当者の方にも「貴女が抜けるなんて心元ない。レスが早くていつも助かってたのに」と言われたことがあり。

出向しなかったらそうゆう評価を私に対してお客様がしてくれてるのに気がつかなかっただろうなぁと思い、感謝してます。私には社内の評価よりなによりお客様のこの言葉が嬉しかったです。戦線離脱は心苦しいけど、コンサルタント冥利に尽きます。単純だけど「貴女にだから頼みたい」と言ってもらえることだけが、やっぱり私の中で絶対的な評価なのです。

私が一年目にこっそりトイレで涙を流しつつ、歯を食いしばって先輩に付いてやっていたテーマのプロジェクトで、お客様にこう言ってもらえるようになったこと、いつかの私に教えてあげたい気持ちです。他のプロジェクトでは泣くほど悔しい思いをしたことは未だに無いです。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-08-12 01:26 | Work
2009年 08月 05日

保護者の年収が高い世帯ほど子どもの学力が高い?

親の年収で成績格差 学力テスト 08年小6 1200万円超、正答率高く

これは、擬似相関の可能性ありです。まして、因果関係の証明ではないので、注意が必要です。

一般的に、年収と学歴の相関はかなり高いです。0.6~0.7は行っているんじゃないでしょうか。
私は、むしろ保護者の学歴と子どもの学力の相関を示しただけの結果だと思います。

単純に、「保護者の年収が高い=子どもの学力が高い」
というためには、親の学歴の影響等を排除しなければなりません。クロス集計で平均比較しただけのこの結果では、何もいえません。文科省がこの結果を出しただけでも、進歩かもしれませんが。つまり、お金持ちの親であれば必ず子どもの頭が良くなるという図式は成り立たないということです。

当たり前ですが、年収が高くても、可処分所得を子どもの教育にいくら充当するか分かりません。この点、学歴の高い親は、子どもの教育に充当する割合が高いと言われています。
その理由は、「教育(学歴)が子どもの将来を左右する重要な決定要因になる」という価値観を持っているから。この価値観を持っていれば、親の学歴自体は関係なく、子どもの
教育への可処分所得の充当割合は増えるでしょう。ためしに、親の「教育に対する価値観」を変数として入れたら、「年収」よりも利くんじゃないでしょうか。

個人的には、子どもの学力は、①親からの遺伝と、②教育環境、そして③自身の努力で決まると思うのです(教育学が専門でないので、違う説もあるかもしれませんが、持論です)。
そして、親の学歴が高い子どもは、①②に関して非常に有利な条件が揃う確率が高いです。

でも、私はこのうち実は一番「利く」であろう因子は、③自身の努力だとも思ってます。

人生をどう生きたいかを知り、自分にどんな能力があるかを知り、目標に近くための努力ができる人は、①②のハンデを克服し成功します。逆に、出来ない人は、①②の有利な条件にも関わらず成功しない。
それが一番私の実感に近いモデルです。でも学力というより、「総合的な力」といでもいうべきかも。

年収の格差が子どもの学力に影響すると思うなら、公立学校の教育の質を劇的に向上させる政策を打てばいいです。親の年収に関わらず、②はある程度担保することができます。
だけど、肝心の本人(子ども)が教育の意味を知らなければ、効果はないと思いますが。
学校に通えないアフリカ子ども達の多くは、教育の意味をきちんと知っているのに、日本の子どもはなぜ知らないのか・・・と思うことがしばしばです。

追記:やはり、「年収にかかわらず、親が『ニュースや新聞記事について子供と話す」「家に本がたくさんある』などと回答した世帯の子供ほど学力が高い傾向もみられた。」って結果も出てますね。 
[PR]

by philosophia_nash | 2009-08-05 14:27 | Miscellanea