Philosophia

philo.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 30日

忘れないうちに書評

今日は蒸し暑かったですね。いくら空調が効く時期になったといっても、今日の午前中の中医協2時間半は皆辛そうでした。私は途中参加だったので気楽でしたが・・・1時間以上は居たくないです。

さて、だいぶ前に読み終わっていた本の感想を。

「闇の世界金融の超不都合な真実」 菊川征司 (2008)

面白かったです。小さい文庫なので通勤電車で電車に乗っている時間が20分に満たない私でもけっこうあっという間に読み終わりました。大半はパーマかけている間に読みましたが。

読んでいて、そういえば9.11の時、突然起きた信じがたい出来事が綺麗にテレビに映し出されたのを見て、「まるで映画を見ているみたいだ」と思ったことを思い出しました。アメリカの歴史を振り返りながら、日本を含め世界がどう歩んできたか読んでいけるので面白いです。

また、この本でブッシュの知能は「小4レベル」と言われていますが、まったく別の本(コンディの「プライドと情熱」)でも「彼は書類やマニュアルを読むことを嫌う」という旨がところどころ書かれていますので、あぁ本当にそうゆう人なのだと改めて実感したり。本も読まないんでしょうねぇ。

「アメリカは真珠湾のときのように、9.11が起こるのを知ってて見過ごした」 という噂?は知っていましたが、まさかここまでとは・・・。あ、でもこの本には9.11のことはそれほど書かれていません。それはもう1冊の「9・11テロの超不都合な真実―闇の世界金融が仕組んだ世紀の大犯罪」をどうぞとのこと。

5次元文庫ですし、どこまで信憑性があるか・・・という話もありますが、私程度の知識では事実の検証は出来ないですし、ちゃんと検証できる人は生きてなさそうです。というわけで、このくらいのことが真実だと思っていて損は無い、という気がしています。

私の嫌いなあの国はこうやって出来ているだなと理解できました。日本も人事ではないけれど。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-07-30 00:07 | Work
2009年 07月 27日

アップデート

随分と日記をサボってしまいました…。結構色々あったのですが、バタンキューな日も多かったので。

今日は久々にゆっくり寝て、午後はいけばな(立花)のお稽古でした。初めての花材があって習うことも多く大変でした。「受流」(右側の上下の枝に同じ花材を使い、強調する)を習い、初めて「しゃが」と「ギボシ」で胴と前置(下段前方)を…。

b0062824_1251943.jpg


今日の夜はついに実家で父の還暦祝いのワインを開けることになっていたのですがおかげで稽古に丸々5時間かかり、私だけ大遅刻。

一人で残りをもらって飲みましたが、時間が経ってたのでまろやかで素敵な後味でした。開けたてはかなりとがっていたそうで。食後も母が何杯か飲んでいたようで、私が来る前に既にかなり減っていました。

父に贈ったのですが、なんだか母の方が喜んでたようです。いんげんとニンジンのロールドビーフを作り、いちじくとパンプキンシードのパンを焼いて、チーズも何種類か用意する気合いの入れようでした。

相変わらず実家に来ると飛躍的にQOLが上がります。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-07-27 01:25 | Ikebana
2009年 07月 20日

マジックって凄い

中野で友人とワンちゃんがいるバーへいってひとしきり飲んでました☆

バーにはワンちゃんだけでなくマジックデーだったのでマジシャンもいて、マジック見せてくれました。しかもフルコース☆心づけだけでチャージなしでした。

スッゴい至近距離で目を凝らして見てたんですが、全然タネが分かりません(^_^;)まだ20歳なのにキャリア14年というアッキーのマジック、とっても楽しませてもらいました。シンプルなものの方が、より凄いです!

なぜか私も一つくらい出来るようになりたくて、どれくらい練習すれば出来ますか?と聞きまくってしまいました。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-07-20 01:16 | Miscellanea
2009年 07月 17日

三連休突入!

久々にアクティブな休日の予定です。

明日は夕方まで学会のお手伝いですが、それ以降は遊び倒します☆

ライブ2本、家族サービス、友達と遊んで最後は新潟まで遠征にいく予定です。地方遠征は7年ぶりかなぁ。

やれるうちにやりたいことを出来る限りやっておこうと…最近そう思います。会いたい人にも、いつ会えなくなるか分かりませんから、思い立ったらどこまでもいこうかなと。

暑いのは好きではないですが夏はエネルギーがある季節でやっぱりいいものですね。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-07-17 22:38 | Miscellanea
2009年 07月 17日

SOS?

珍しく後輩(違うチーム)から呼び出されたので、会社戻って後輩と飲んできました。

なんか話があるんだろうな~と思って世間話をしつつ、ちょっとずつ掘っていってみました。会うまでに、今年からOJTリーダーになって悩んでいるとか、今年仕事が思うように取れず悩んでいるとか、チームの雰囲気が劣悪でもう耐えかねてるとか、マリッジブルー?とか色々可能性を考えてました(^^; (結婚後の症状はマリッジブルーと呼ぶのか疑問ですが)。

予想は大外れではなかったようでしたが、お顔を見る限りはまだ深刻なレベルには至ってなく。でも、ちょっと気にしていた方が良さそうだなと。普段顔が見えないんで、分かりにくいですけどね。近くにいれば、顔、特に目を見ていればすぐ分かるのですが・・・。しかし、家で奥さんの前で素の自分見せてないとしたら、しんどいだろうなぁ。プライベートは自分で解決してもらわねばなりませんが。

一昨年くらいからうちの部署では3/70くらいの確率で部員が精神を病んでいます。全員復職はしましたが。医療・福祉系の人間は発生率が低いんですが、予備軍までいれたらけっこうな数で部長も参ってた時期があり・・・。今日の後輩は、素地があるので、心配な部類です。

プライベートでもとかく私の周りの人間では発生率が高いんで、SOSのサインを感じたら躊躇なく顔見るようにはしてます。できることは、他愛も無い話を一緒にするだけですが、重症化する前に少しでも手を打つのが一番ですからね。重症化すると、滅多なことでは戻らないですね。最後はその人の生きる図太さだけが頼りです。

いつもメールしかしてこない人が電話してきたり、滅多に自分から誘ったりしない人が誘ってきたり、お酒の飲み方がなんかいつもと違ってたりしたら、それはもしかしたらSOSのサインかもしれません。でも、冷静に考えて踏み込まないのも吉です。引力が強いので、うっかりすると大変ですから。

てなことを言っていると、必ず私の(元)教育係は「お前は他人よりまず自分の心配しろ」って言うんですよねぇ(苦笑)最近になってようやく私の図太さが分かったみたいでしたが。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-07-17 02:09 | Miscellanea
2009年 07月 15日

10代の価値観の変容?

今日は職場でたばこ対策絡みのセミナーがありました。

これまで20歳以上を対象にした調査結果ばっかり見ていたのでよく知らなかったのですが、未成年(中高生)の喫煙率(毎日ではないが喫煙する人を含む)は、2004年あたりからがっくり下がってるんです。高3で2000年に男子37%・女子16%だったのが、2004年には各22%弱・10%弱くらいに。男子高校生はどの学年でも15%近く下がってます。へぇぇ。サンプルも十分(全体で10万人)で、調査方法も変えてないと。

・・・なんでだろう。広告規制の効果、たばこの値上げ(2003年に値上げ)、未成年喫煙対策の効果・・・なんだと考えることはできますが、私はそんなことで10代の喫煙率って減らないと思うんですよね。10代の間で「たばこ=かっこいい」の図式が崩れてきているのかなぁと。

私が10代前半の頃は、まだ「盗んだバイクで・・・」ではないですが、いわゆる「不良」さんが学校に集団として存在してて。そしてやっぱり「たばこ=ワル=かっこいい」の図式はあったと思います。10代の終わり頃には、「たばこ=ちょいワル」程度にはなっていましたが、まだたばこは「ワル」のシンボルではありました。なにしろ法律違反ですし、その言葉に10代の心は刺激されます。進学校でも、結構吸ってましたね。ストレス解消だったのかもしれませんが。

で、不思議なんですよね。中高生の間で、化粧や髪の毛のカラーリング、それから性関係に対する態度や価値観は、以前よりもずっと緩くなってきていると思うのに(多分、ですが)、なんで喫煙率は下がるのかなと。学校での取り締まりが厳しくなったとか、そうゆう外的要因ではなく、内的要因ではないかと私は考えてます。今の10代って、スマートかつ冷めているイメージありますが、そのせいか・・・(自身にとってたばこのプラス効果は少ない)。昔より明確に「不良」が定義できなくなって、たばこのシンボル性が失われているのか・・・。ゆとり世代は受験ストレスが少ないのか・・・。

理由はよく分かりませんが、20代でも飲まない草食男子が増えていると言われているように、10代ではそれに続き「吸わない」草食男子が増殖中なのかもしれません。これで単に、「正直に回答しない人」が増えているだけだったら笑えます。その場合、もっと重大な問題の発覚です。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-07-15 01:35 | Work
2009年 07月 12日

本日のいけばな


まだ中腰姿勢は負担が大きくて怖いのですが、稽古にいってきました。

今日は生花二種生。これは立って生ける花なので、まさに中腰との格闘でした。さりげなく途中途中座ってました(^_^;)

b0062824_23142181.jpg

花材:マンサク、小菊

ついでに今日の高田馬場駅(東西線東側の改札近く)のお花(小原流)も撮ったのでUP。カゴ可愛いですよね。
b0062824_23142115.jpg

[PR]

by philosophia_nash | 2009-07-12 23:14 | Ikebana
2009年 07月 10日

ぎっくり腰

昨日物を取ろうとした時ちょっと無理な体制を取ってみたら、腰を痛めました…orz
最初は右足を支える部分が痛むので立てませんでした。

ぎっくり腰一歩手前だそうで、朝行った近所の接骨院で電気治療+骨盤の微調整+コルセットを購入。

でも座っているだけでも痛くなってきて、週末は寝たきりかと凹み…。

午前半休を頂いたので一応元の会社の上司にも報告したら、急遽上司御用達の骨接ぎ師のところへ連れていかれることに。

なんと部長も御用達のところらしく、腰痛は100%治るという凄腕の先生。最初は半信半疑だったけど、私の腰痛の原因(きっかけではなく)は、右足首の捻挫を放置してたことと言われ、足首、骨盤、首、ずれてる箇所全部治してくれました。

そういえば前に試合で軽く足首やっちゃった時、放ってたんですよね。治した後、世間話しながらなぜかオムカレー(手作り)をご馳走になりました・笑


筋肉の痛みがまだ若干ありますが温めれば良くなるとのこと。耐え難い腰痛は治りました!寝たきり生活は回避です!嬉しい(>_<)

でも明日は家で大人しくします…。痛みが取れたら筋トレして足腰鍛えます!めちゃくちゃ筋力は落ちましたが、故障が無いのだけが救いなので絶対腰痛は治したい。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-07-10 21:29 | Health
2009年 07月 09日

逆カルチャーショック

私の出向前任者の先輩が、二年ぶりに会社に戻って、逆カルチャーショックで苦しんでいるらしい。

ひとたび違う仕事や文化を知ると、今まで見えなかった色々な物が見えて、自分のキャリアに対する考えも揺らぐのでしょう。知る前には戻れないからなぁ。

そもそも出向ってその期間の意味をきちんと考えておかないと、ただの戦線離脱期間にもなる。実は、一年半前に出向を打診された時点では私は一度きっぱり断ってます。楽な方へいってプラスになると思えなかった。

その後ある時仕事に閉塞感を覚えて。このままじゃマズイと思ってアッサリ引き受けました。説得にかかろうとした上司は拍子抜け。強制的にでも環境変化させた方がプラスに働く確率が高いと踏んだのですが…。

でも二年間というのは、集団において欠けた人の存在を完全に埋めるには十分過ぎる程の時間。私はそれを誰よりもよく知っていると思う。感覚的にはすんなり戻れる離脱期間は一年以内。

戻る時はゼロからの再スタート。尚かつ、前と同じ立ち位置に戻ってしまったら二年間の無駄遣い。その腹はくくってます。コンサルタントとしてのキャリアでハンデを負う分、誰のものとも違う武器を手に入れないと。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-07-09 02:36 | Work
2009年 07月 08日

生花新風体

「いけばなしんぷうたい」・・・ではなく「しょうかしんぷうたい」と読みます。生花正風体よりも新しく考えられた型です。

仕事後にお稽古行って、生花新風体は二杯生けたら流石に疲れました。

正風体に対して新風体は名前のごとく、"新しい風"を感じる作品でないといけないので、毎回本当に大変。生け込みは本数が少ないので楽っちゃ楽ですが、感性勝負というのはなかなか・・・。あくまで「生花」の基本を押さえつつ、花材達の今までとは違う魅力を引き出す。

しかし携帯カメラで素人が撮るとお花の奥行き感がまったく出ないな・・・。

上段:夏はぜ、すすき、なでしこ
下段:しゃが、玉しだ、なでしこ

b0062824_251564.jpg
b0062824_2511513.jpg

[PR]

by philosophia_nash | 2009-07-08 02:52 | Ikebana