Philosophia

philo.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 30日

医療漬け@大阪

今週末は、臨床情報管理士の通信教育の前期スクーリングのため、大阪へ来ています。

今日でホテルに3泊目、朝9時半~16時半まで2コマの授業を受けること明日で3日目。こんなに勉強したのは久しぶりです。

けっこう面白く聞いてます。(でも今日の医学概論はしっかり寝てましたが)時間もないので講義受けている間に覚えるしかないと思ってます。だいたい、医学部の学生が1000時間かけて学ぶ内容を3時間でやるそうです(笑)ま、エッセンスのみってことです。これらすべてをくまなく学習して全部覚えこむ医学部の学生、今更ながら恐るべしです。

夜には、ずっと見たかったマイケル・ムーアの「SICKO」をナイトショーで見てきました。朝から晩まで医療問題漬けの脳みそです。SICKOの内容は、私はほとんど知っている事がほとんどだったので今更驚きは無かったけれど、思ったことはいくつか。

1)アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、キューバと写ったけど、ざっと見ててもアメリカ人の肥満率が高すぎると思う。
2)カナダの医療、アメリカと比較したらかなり良い面も多いけど、専門医以外の医師はけっこうやる気ないし、MRIは半年待ちなんですよ。オタワには1台しかないとかって映画の中で揶揄されてたけど、あれ限りなく事実に近いです。いくら皆保険で、サービスが無料だからって必要なサービスを提供できなきゃ意味がない。カナダ人はお金出してアメリカにMRI受けに行っています。
 皆保険は大事だけど、一部の人間を除いてサービスが全て無料である必要はないと思う。保険料なり税金なりを支払う能力があるなら、自己負担もある程度までは絶対可能だもの。その分浮いたお金を国民へのサービス向上の糧としてほしい。結局無料ほど高いものはない。
3)フランスやキューバを褒めすぎという声もあるけど、アメリカ人の反仏・反キューバ感情を加味すれば、アメリカ人が見る分にはあれくらいでちょうど良いのだと思う。しかし、キューバで税金を納めていない旅行者に施した医療サービスの対価がゼロというのはいくらなんでもおかしい・・・。ちなみにフランスは医療より社会保障制度全般に対する賞賛だったような。出生率回復しましたからねぇ。
4)日本の医療制度にも問題が山積みだけど、総じて制度としてのバランスは良い方かと思う。先進医療や新技術/新薬に対する融通がもう少しあって、医師の偏在の問題などがカバーされれば、あとはネックになっているのは社会保障費の予算の問題が大きいと思う。これは決して医療制度そのもののせいではないかなと。
5)カナダの景色が懐かしすぎる。オンタリオ州ロンドンが写ってて、Tim Hortonsが写ってた。あのSEARSも絶対行ったことある場所のだった。カナダ行きたいなぁ。秋だしなぁ。

最後どうでもいい感想ですみません。
[PR]

by philosophia_nash | 2007-09-30 01:09 | Work
2007年 09月 15日

アフリカ大陸初上陸決定

こんばんは。酔いを覚ましていたらばもうこんな時間。
今日は4週間来ていたインターンのお医者さんを皆でお見送りしました。お医者さんならいくらでも稼げそうだし超専門職なのに、シンクタンクに興味があるとは・・・人間色々ですね。

さて、あやふやだったアフリカ出張、ついに決定してしまいました。諸事情により、必ず行かなくてはならないことに。全てのスケジュールを調整しなおさなければなりません。

ほんのちょっとは楽しみな面もあります・・・なんたって初上陸ですし。そして初めて、間接的にとはいえ、パパの仕事とのコラボです。学生でもないので、こんな機会でもなければなかなかアフリカまで行けません。

でも専門知識のあまりの無さに既に参っており、さらに専門知識無い=英語で喋られても分からないなので、語学要員として期待されてもこのままじゃただの出張ドロボーなので・・・なんとかせねばなりません。

とにかくもう決まったことなので、腹をくくって最善を尽くします。いっぱい人に迷惑かけるかもですが、すみません。人1人の人生の命運がかかっているので、出来る限り頑張りたいと思います。
[PR]

by philosophia_nash | 2007-09-15 01:28 | Work
2007年 09月 12日

秋の夜は長し・・・?

ようやく身体の自由がだいぶ戻ってきました。全身筋肉痛のせいで無意識に力が入りまくっていたのも、ほどけてきた気がします。ほっ・・・まだヒールで歩くのはキツイけど明日は動けそう。

今日はこれから明日の提案書の仕上げ。なぜここまで放って置くことになったのかわかりませんが、土日仕事をしなかっただけでサボってはいません。残業時間がちょっと減るとすぐ仕事が溢れ返る。たまらん・・・。

週3日働くだけで今の生活水準を維持できる程の能力があるなら、多分人のために働くのは週3日にするだろうなぁと思う。あと4日は自分のために有意義に時間を使いたい。有意義にも色々ですけど。自分のために仕事をしているのだけど、でも賃金労働っていうのは基本誰かのための仕事なのだと思う。

ではでは、仕事にもどりましょー。夜は長い・・・けど意外とすぐ明けそうでもある。
[PR]

by philosophia_nash | 2007-09-12 02:56 | Work
2007年 09月 11日

満身創痍

上は首から、下はふくらはぎまで、その間の全てのパーツが筋肉痛。毛細血管がやられて手も痛い。久々にバレーをやると、「ボールが身体に当たるって、そりゃ痛いよね」って思います。さらに気付いたら肘と膝が打撲で綺麗な紫色。

日曜日、久々にバレーの大会に出場。仕事も忙しくなりバンドもあり週末はなかなか時間が確保できず運動すらままならない状況で出場。1セット目でふくらはぎがつって退場だけは避けたいと、ふくらはぎだけ多少トレーニングをしておいただけの状態。

トーナメント1試合目は、うちのチームワーク(というか噛み合せ?)がかなり良く、相手もほどほどだったのでラクラク勝利。・・・それでも室温35℃を越しそうな体育館の中で1時間近く動き続けるというのは(だいぶサボった動きだとしても・・・)キツイもんですね。この時点で体力は残り30%くらい。

2試合目、相手はしごくマトモなチーム。べらぼうに強いわけではないけど現役時代にも普通に試合相手として闘えそうな攻撃力・守備力を備えた良いチーム。というわけで、普通に闘うだけでも全力でやらざるを得ない状況に。

結果は、ご想像どおりストレート負けでしたが、もうあと1回前衛が回ってきたらどうしよう、と思ってました。体力の限界です。サーブだけは、全力で打てば現役時代と表面的には変わらない力を保てるけど、スパイクと強打レシーブはダメですね・・・足腰と、それから反応がついていきません。万一反応できても、レシーブの面を作るのが間に合わない・・・なさけな。

というわけで、起き上がるのも座るのも苦痛な状況である今日。明後日までは普通の人として動けなさそう・・・。腹筋も背筋も筋肉痛だと深呼吸するのも苦痛だと知りました。もちろん、クシャミも笑うのも振り返るのも禁止。アイタタ・・・です。1日挙動不審ですみませんでした。

しかしまぁ、試合開場で素敵な先輩達(女)に会えて交流を深められたので、これもよしとします。超アメリカンなバイクで颯爽と送ってくれたご近所さんのA子先輩、ありがとうございました~☆(←とってもカッコイイ姉御です。惚れます。)
[PR]

by philosophia_nash | 2007-09-11 01:25 | Volleyball
2007年 09月 03日

一段落!そしてまた次へ。

先週末のいけばな~先週の5連続会議weekを経て、今日の委員会を迎え、無事終わりました!
何度も何度も叩かれては考え直し、練り直し、こね直し?た調査票も、ようやく了承をもらえました。はぁ~~~~~~~~。ほっとしました。まだこれから実査なので気は抜けませんが、調査モノは設計までが労力の7割だというのが持論です。

明日からは、実査に向けた準備と、今度はODAのプロジェクトの勉強と、依頼されている集計作業と、今週持ってく研究計画書と、9月末までに仕上げなければいけないシステマティックレビューに取り掛かります。・・・って全然ラクになってない気がしてきました。ま、気分だけ一息。

先日のいけばな展の写真でもupしておきます。会社の同僚が携帯カメラながら綺麗に撮ってくれました。場所が暗くて足場がないため適切な距離に立つができず、プロのカメラマンも撮影にかなり撮影に難航していたくらいでした。私の携帯で撮った写真はどれも暗くてぼんやりでした(^^;

作品全体: 花材は 千日紅 (紫・赤)、ヒメヒマワリ、ラビットファン
b0062824_22522432.jpg

鞠のオブジェ部分のアップ: 鞠は発泡スチロールの球に和紙と着物布を貼り付けてます
b0062824_22522947.jpg

展示場所:エスカレーター脇のスペースの壁掛けでした。皆、桐の箱に着物布や帯布を合わせた壁掛け作品です
b0062824_22523577.jpg

[PR]

by philosophia_nash | 2007-09-03 22:52 | Work