Philosophia

philo.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 28日

英語の上手さとは

先日、丹波哲郎さんがお亡くなりになりましたね。
正直、さすがに有名な俳優さんですから名前はずっと知ってたのですが、まともに出演作品を観た事がありませんでした。

TVの特集で「007は二度死ぬ」のワンシーンを観たのですが、彼は本当に英語がウマイ!共演のショーン・コネリーも絶賛ということだったけれども、なかなか日本人でああゆう英語を操る人はいない。かっこいいと思いました。

同時に、私の中での「英語が上手い」ということの定義を考えてみました。英語のNon-nativeである日本人にとって「英語が上手い」人というのは、たいてい「Nativeのような発音で喋る人」を指します。だけど、Nativeのような発音で喋る人というのは、実際は幼少期の成長過程で語学を身につけたバイリンガル(もしくはそれ以上)以外にはあまり考えれません。それは、生粋の日本人とは違うのではないかと思います。また、とても「高度な事柄を洗練された語彙ですらすら説明できる」人も、「英語が上手い」のでしょう。英検1級よりはるかに上です。こうゆう人は、発音はとても平坦で全く英語っぽく響かない場合もありますので、万人が認める「英語が上手い」人にはなりにくいかもしれません・

それらを踏まえて、生粋の日本育ち、日本人でありながら、外国語として英語を操る上で、私が思う最も「英語が上手い」とはどういうことか・・・考えてみると、それは「英語人と渡り合うだけのユーモアのセンスが会話に盛り込める」ということなのでした。私が思うに、とかく英会話というのは、ユーモアのセンスを要するものなのです。発音は一見大事ですが、実際には発音のほとんどは発声の仕方に依存すると私は思うので、会話の中身程には重要ではないと思うのです(発声さえ訓練すればよくなるという意味で。現実社会では、発音はそれ単独で社会的背景や階級を指し示す程、重要視されます)。その意味では、実は日本人の中では、関西人の方が若干ですが関東人より英語が上手い気がします(何の根拠もない、あくまで経験に基づく主観的な見解です)。

無論、ユーモアのあり方は国ごとに違っていて、アメリカとイギリスの違いはよく語られますが、本当に大きくことなります。丹波達郎の凄いところは、日本人的ユーモアを英語でちゃんと表現できていることだなぁと思いました。完全にアメリカ・イギリス風のユーモアをモノマネする形で覚えて使うことは出来ても、自らが生まれ持った日本人的ユーモアセンスを英語に生かせる人というのは、数少ない気がします。しかも、それはもちろん日本人以外にもわかるような形でのユーモア表現で無ければなりませんし。

ま、とにかく丹波哲郎が喋るシーンを見ていて、確かにあれだけかっこよく英語を喋る日本人は、最近見かけないなぁと思いました。いいですねぇ、あんな英語を喋る日本人が多ければ、誇りに思います。現実には、意味を伝えるのだけでいっぱいっぱいなんでね、私含め。
[PR]

by philosophia_nash | 2006-09-28 00:59 | Miscellanea
2006年 09月 28日

タイミング

首相がかわりましたね。
なんだか「チーム安部」という言葉を、新聞でよく目にします。それをみるたび、私は教育係を思い出してます。

で、話は変わりますが、私は自分の部署(といってもチーム単位)にかかってくる電話を、席に座っている限り全て受けています。時々、もう本当に疲れてしまってて、電話も多くって、あぁ、いけないなぁと思いつつ、かなり無愛想だったり、疲れた声で電話に出てしまうことがあります。90%は、ちゃんとはつらつとした声で出てるんですよ(念のため)。

で、「あ、マズイ」と思う程、覇気の無い声で出てしまったときに限って次に出てくるのは

「FGのABというものですけど」

なんですよねぇ~~~(--;;;

なぜ?!どうして私の一番悪いところばかり教育係に見せてしまうのか。これは、今に限った話ではなく入社以来ずっとそう。教育係には、自分でも「あ、いけない」と思うような、部分ばかりタイミングよく披露してしまいます。面と向かって説教されたこともあります。いつもはこうじゃないです!といったところでねぇ・・・信じてもらえません。

これは、いついかなるときも、気抜くなよ!って言われているのかもしれません。しかし私と教育係のタイミングの良さというか悪さというかは驚異的です。そろそろちょっとねぇ・・・おっと思わせるいいところもタイミングよく見せられればなぁと思います。
[PR]

by philosophia_nash | 2006-09-28 00:35 | Miscellanea
2006年 09月 17日

誕生日とお花

先日、同期に早めの誕生日祝いをしてもらいました。
で、「プレゼントは何がいいですか?」と言われ「実用的なモノが好きです」と言ったらば、花束をもらいました(笑)いやでも、お花はやはりもらうと嬉しいです。しかも、真っ赤!(赤の中でもcrimson!って感じの深い色)な花束。うちにはまっとうな大きな花瓶がないため、自由花風に盛花の花器に生けてみました。先生お許しを。

家に帰ってから姉に「あんたはこうゆうイメージなのかねぇ」と言われ。姉は、今までに濃い色の花束をもらったことはないそうな。くれた人に聞いてみたところ、特に赤と指定したわけではなく、大人っぽい感じと言ったそうなのだけれども。お花もゴージャスで、ガーベラ、バラ、グロリオサ等、好きなお花ばかりで、素敵な花束でした。そういえば、私は比較的濃い色のお花をもらうことが多いです。淡い色が似合わないんでしょうねぇ(笑)

と、これだけ感激しているのに、私はこの花束を1次会で忘れそうになり(この時は自分で気付いて戻った)、2次会ではホントに置き忘れてきました(店の人が追いかけてくれた)。はぁぁ・・・酔っ払っているとはいえ、なんて忘れっぽいんでしょう。教育係ABさんは私のことを「5歩歩いたら何でも忘れる鶏のごとし」と称したけど、反論できません。すいません、皆様。でも2次会の後はかなり本気で酔いがまわってたのです、許して下さいませ。

この日は、「家に着くまでもう少しだから、なんとか持ってくれ!」と自分にお願いしながらなんとか帰路についたのでした。ちょうど1年前・・・会社の飲み会で勧められるままに飲んでて自分がどのくらい酔っているかにも気付かず、幹事だったので会計を済ませ店を出ようとしたら急に酔いが回ってダウン→タクシーでABさんに家まで連れてかえってもらうという失態をやらかしたのでした。もうすぐ27歳です・・・酔ってメイクを落とさずに寝てしまうような愚行は控えよう・・・そう思うのでした。
b0062824_22472925.jpg
ちなみに誕生日は21日です。私の誕生日の花はイヌサフラン(諸説ありますが)で、花言葉は「悔いなき青春」です。ま、春高に出られなかったことを除けば(身のほど知らず!)、あまり悔いはない青春を過ごしたと思います、はい。思いのままに突っ走る性格ですので。そういえば、同い年の同じ日生まれのタレントさんは有坂 来瞳さんがいるのだけど、今彼女を知っている人はどれくらいいるかなぁ。一時期はそこそこTV出てたし、売れてたけど、もう全然見ないですね。時の流れは色々残酷だな。
[PR]

by philosophia_nash | 2006-09-17 22:51 | Miscellanea
2006年 09月 11日

9月10日新宿区民大会

今日は数ヶ月ぶりにバレーしてきました。それも、いきなり試合。なんて無謀。
ただ、私は変な体質?で、バレーから離れている期間が長い程、プレーが良くなったりします(筋力は低下しているので持続力はありません)。久しぶりに触れる喜びからバレーへの愛情が一時的に増幅され、プレーに反映する・・・精神的ドーピング効果みたいなもんでしょうか。

結果は、1セット目は20点台に突入してからまさかの8連続ポイントを奪われ、落とし。2セット目は5点差つけて取ったものの、3セット目は立ち上がりが悪く、マッチポイントで競るものの、15-17(最後のみ、15点マッチ)で落とし・・・orz 最後は、今日はじめての私のスパイクミス敗北決定。凹む終わり方ですね。

でも、結果は負けちゃったけど、個人的にはスパイク決定率が近年稀に見るほど高かったので嬉しい試合でした。ノータッチエースがあれほど出ることもあまり無い・・・。相手が弱かったのか?レシーブはサボリすぎでザル同然でしたが、サーブとスパイクでは貢献できたので、まずまずです。私に期待された役割は果たしました。私に、というか私の肩に。ナイナイと思っていた筋肉も、まだ健在でした。昔がありすぎただけだった。でも現在打撲と筋肉痛で湿布だらけです・・・よよよ。

今日は妹のぬいちゃんが応援にきてくれて「かっこよかった!」と言ってくれて、熱心に応援しててくれたので、やる気10倍でした。ふふ・・・コート上のたくましい姿を見せられました。うんま、普段も十分たくましいんでしょうが。しかしバレーしている姿みてほれ込んでくれるのは妹くらいだろうなぁ、うーん。
[PR]

by philosophia_nash | 2006-09-11 00:02 | Volleyball