Philosophia

philo.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2006年 08月 31日

8月29日の生花

私は、去年の10月から池坊のお教室で生花を習っているんですが、最近めっきり日記に生花の話が出てこないので、皆に「生花つづけてるぅ?」と聞かれます。

・・・続けてます。ほそぼそと。上達はしてませんが、生けるスタイルや素材はグレードアップしたものになりました。しかし覚えることが多くて・・・私があまりにも基本的なことを忘れている時があって、いつも助手の先生があたふたと注意してくれます。こんなんでも、今は初等科から普通科に上がってます。

8月28日は、午後8時過ぎに教室に到着。3時から9時まで自宅教室でお稽古をやっていますが、私はいつも急いで会社を出ても最終組です。ちなみに教室までは自宅から徒歩3分。これが、今も続けられている所以です。ペースは月2回で、日曜稽古1回と、平日の火曜稽古1回です。あらかじめ連絡を入れれば、次の月に稽古を繰越しできる、繰越し制度あり(!)です。近代的な労働環境の会社で働く人間にもわりと気遣いのあるお教室なのです。でも、お月謝はちゃんと新札で支払わねばなりません。そこは古風、というか常識的です。

8/29に生けたのは生花(ショウカと読みます)。
フトイ(7本)と撫子(3本)の2種生でした。二つとも始めての花材。
b0062824_0193118.jpg b0062824_0194643.jpg



フトイは、中が空洞に近い草なので、曲線を作るために「ためる」方法が枝ものと違う、というのが今回のお稽古の肝でした。指でしごいて柔らかな曲線をつけます。ぶちっとつぶしたり、折ったりしたら7本生けではなく5本生け等に変化します…。撫子は、豪勢にお花がつきすぎているものは若干落としたり、高低を出すためにまびきます。でも先生は、なるべく落とさないように、とおっしゃってました。私はいつも、生花をやると陽方(左側半分)を終えるまでに集中力を使い果たし、陰方の花の入れ方を間違えます。この日も先生に直されました。学習しないなァ…。

私は落としたり切ったりしたら「もうとりかえしがつかない!」と思ってしまうため、いつも枝や草は規定より少しずつ長く、花のつきっぷりは良いです。そのままでは無法地帯の様なので、後で調節することにしてます。たまに思い切りよくエイッ!と切ると大体短すぎるので、もうしばらくは後で調節派でいきたいと思ってます。

もっと高度になれば、何種類も花材を使ったゴージャスな新風体という生け方や変わった道具を使った自由花という生け方も多い池坊ですが、最初は一番ベーシックかつ古風な生け方を習っていきます。基礎の上にしか応用は乗らないんですね。でも、このシンプルで基本的な生花の生け方が今のところ一番気に入ってます。計算し尽くした上で、最小限の構成で表現された美ってのが、なんとも日本らしいかと。この写真では分かりにくいけど、剣山に刺さっている茎の足元は縦一直線です。
[PR]

by philosophia_nash | 2006-08-31 00:24 | Ikebana
2006年 08月 24日

日記大統合

GREEを見ていた人は気付く方もいそうですが、GREEおよびMIXIの日記を外部ブログのリンクに変えました。今後は日記は全てここから更新することにしました。このブログが、2001年途中くらいからずっとWEB上でつけていた日記の継承日記であります。このブログに変えたのは留学終了直前でしたが、私がメインでずっと書いていたものです。なんてくだらない戯言を世界中に公開してきたのやら・・・やれやれ。

GREEの日記は、外部ブログのリンクに変えてしまうと消えてしまうということで、バックアップだけとって(しかも手動・笑)終わりとしました。いくつも日記をつけわけるというのも無駄な労力を使いますし、終いにはどれも更新しないという事態に陥ってきたので統合することにしました。

前はいちおう「オーディエンスが異なる」という理由で分けていましたが・・・も~どれもこれも私ということで、包み隠さずどっからでも見てもらうことにしました。ありゃ、この人なにやってんの、と思うもよし。何言ってるんだろう、と思うもよし。意外とこんなこともやってんの、と思うもよし。だから誤字脱字が多いんだよ!と思うもよし(笑)

というわけで、日記をまたつけていこうと思います。なるべくくだらない日常のつぶやきとふとした思いを留めたい。
[PR]

by philosophia_nash | 2006-08-24 21:31 | Miscellanea