<   2005年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2005年 04月 27日

遊び倒す日曜日

今日はですねー・・朝早起きして(癖で5時半に起きちゃったし・・)初めて「みらとみらい」駅までいってきました。未来チューブなるもので待ち合わせです。昔バイトでお世話になった人との2年半ぶりの再会でした。しかしいつの間にやら「桜木町」駅なくなっちゃったんですねぇ。山崎まさよしの曲で「桜木町」が歌詞に入ってる[One more time One more chance]っていうのがあったのに・・ちょっと思い入れがあったので、その駅がもう存在しないと思うと少し寂しいです。

最初は横浜市営美術館でやってるルーブル展へ。ついこの間本物のルーブル美術館で2日かけてゆっくり作品を見てきたところだったんですが・・さすが世界各国で催されるルーブル展。見てない作品ばっかりでした・・・だって下書きとかなんだもん。b0062824_0463452.jpg初めて見ました・・有名作品のラフ画。それはそれでファンには秘蔵のお宝なんでしょうけどねぇ。特に思い入れがない作品に関しては完成形を見せてほしいなぁー(笑)混んでてあんまりじっくり見られなかったんですが、何点かはいいのありました。しかもルーブルで見られなかった作品。ナポレオンと祖国フランスの象徴を描いた作品と、異教の神々を称えることを拒んで殺されて水に浮かぶ女の子の作品ですねぇ、良かったな。作者名を忘れてしまってすみません。ま、その後で常設展の方を見たら、「下書き」であってもルーブル作品はやはりクオリティがずば抜けているのだと実感しました。

ルーブルの後は、横浜なのに巣鴨名物「古奈屋」のカレーうどんを食べ、みなとみらいにある遊園地でちょっとはしゃいでみました。キッズエリアで遊んでいる私達はきっと異様な光景だったんだろう・・。しかも私はサングラスかけてて一見怖いし(笑)その後、三半規管の弱い私はジェットコースターとウォータースライダーに立て続けに乗ったらふらっふらになって、逃げ込むようにビブレに買い物しに行きました。最近の恒例となっているインテリア・雑貨店めぐりをし、そして次の日の修論プレゼン用のスケッチブックとペンを購入しました。なぜ私がプレゼンにスケッチブックを使うのかの説明はまた後日に・・。ついでに会社のデスクに華やかさをもたらすため、モナリザの絵付きの書類箱も買っちゃった。他の名画シリーズも買って、デスクの後ろの本棚にダーっと並べてやります。まあなんて高尚なデスクでしょ。

b0062824_047421.jpg夜は中華街まで移動してまったりと話してました。やーバイトの話懐かしい。もうその職場はなくなったので皆バラバラになったけど、それぞれの場で活躍しているそうです。TV番組の製作会社のバイトだったんですが、番組が終了した日には毎年その時のメンツで集まってるというので私も今度から呼んでもらえるらしいです。普通の生活してたら会わない種類の集団なので、そこはそこで面白いです。一人でカターイお仕事についた私でも見てもらいましょう。
[PR]

by philosophia_nash | 2005-04-27 00:37 | Metropolitan TOKYO
2005年 04月 20日

集合研修最終日&TOEIC

今日で同期のSE採用の皆と過ごす研修の日々は終わりを迎えました。
なんだかなぁ・・・入社前は、どうせ一人だけ海外の見知らぬ大学院卒だし、一度も内定者もあったことないし、ストレート学部卒より3つも年上だし、すぐ部に配属だろうから同期となんて仲良くならなくってもいいやーなんて実は思ってたんですよ私。仕事上で必要なのは社内外のネットワークで、同期はあまりネットワークに重要ではないと。

それがいやはや・・・すっかり馴染んでしまいました。ひとくちにSE採用っていっても、色々な人がいるもんです。だいたいうちら一期生は、今の会社になる前の旧3社で別々に採用活動を行った結果集まって集団なので、それだけでも多様なカラーが見られる要因になるってもんです。3社3様の採用方針で、見ていてなかなかオモシロイ。実は研究員採用も11人もいて、大半が私より年上だったし、SEの中にも変わった経歴の持ち主もいたりして、人と話して交流しているだけでも楽しい研修期間でした。いやーよく飲み、そしてよく笑った。隣の席の人がおっかしいもんだから、爆笑しすぎで腹筋が筋肉痛になるかと思いました。・・そして多分笑い過ぎ(あと私語多すぎ)で人事に目をつけられました。

最後の2日間はマナー研修で、7人のグループワークだったのでした。このグループは一体どうゆう基準で組んだのか分かりませんが、うちの組はなかなか個性的なメンツの集まりでした。基本的には約1名を除いては控えめな人が多く、口を切るのは私、という感じでしたが、喋らせてみればやっぱりなかなか面白いこというんです。それに協調性に富んだ人が多かったので、ひじょーにやりやすく、ほとんどの課題で好成績を残しました(←一部私のアホで計画性のないやり方でやっちゃったの以外)。仲間っていい、という異常に青春っぽいフレーズが頭に浮かびました(笑)こんなヤツについてきてくれたメンバーに感謝ですわ。や、誰もオマエがキャプテンとは言ってないですがね・・。

TOEICは最終日の午前中に受けたんですが・・・最近めっさお手洗いのスパンが短い私には3時間近いテストは拷問でした。「終わるまで席を離れてはいけません!」って人事に念を押されてたから、めっちゃ頑張って昔は時間切れになってたテストを終了時刻の30分前に終えたんですよ!だってお手洗いにいきたかったんだもん!(笑)・・結局、お手洗いのための途中退出はOKだったと知って気が抜けましたが・・・戻って見直しをして時間になりましたね。Listeningセクションは集中が時々切れて「Excuse me, pardon?」って言いたくなる場面が何度もありましたが(当然繰り返してくれやしない・・・ッチ)、他のセクションは大丈夫だったと思います。大学院いって、意外というか当然というか、一番伸びたのは英文Editing能力ですよ。文法セクションはノンストップで乗り切りました。あそこ・・昔悩んでつまってたのに。ほんの少し自分の成長が感じられました。いとうれし。

あ、先週末に受けた基本情報処理技術者試験は自己採点によると、午後の点が全く足りてなくておっこった模様。付け焼刃では限界というものがあります。さすが国家資格。落として正解です。
[PR]

by philosophia_nash | 2005-04-20 22:08 | Work
2005年 04月 10日

社会人の休日の巻

会社員になって早1週間経過。
始業時間遅刻気味1回、10分遅刻1回、授業中の居眠り多数←ダメダメ

気を取り直して・・・最初の週末は、土曜日:バレーボール、日曜日:部屋の片付けと家具買物で終わり、2度目の週末は土曜日:AM家事、PM試験勉強、食事カラオケで発散、日曜日:買物、試験勉強という感じで過ごしています。社会人の休日というのは本当に解放感があっていいなと思ってます。その分平日はなるべくストイックに過ごすようにして、休日はここぞとばかりにやりたいことを楽しむ所存です。・・ま実はストイックに過ごす平日もそれはそれでスキなんですけど。

大学院生のときは週末といえば、たまった課題や仕事を片付ける日でした。もしくは寝貯めやpleasure reading、映画DVD鑑賞など、バレー以外についてはインドアかつ地味な過ごし方をしていたものです(金銭的な問題もあり)。それはそれで、ゆったりとした時間をすごし内面的に癒されることもあってよかったのですが、やはりどこまで続く学位取得のためのストレスと将来への不安がいつもあったので、今のような解放感を味わうことはほとんどなかったです。

まだ始まったばかりなので社会人の休日はこんな感じですが、試験が終わってからの週末はたまった家事をやっつける・ストレス発散・心身のメンテナンス以外にも何かプライベートでの生産的なことをしたいと思ってます。将来への不安というか、危機感はいつどこにいても持っているようにして、立ち止まらないようにしたいというのが今年の目標でもあるので、早く今の生活に慣れて日常生活から少し離れた部分のことを真剣に考え実行するようなゆとりが欲しいです。

とりあえず秋に英検1級のリベンジをする予定で、平日の通勤時間の半分を対策に当てます。直前には週末も入れます。これは、国外では通用しない資格ではありますが国内では永久資格であり絶大な価値があるので・・ま、以前(大学3年時)落ちたこともあり、大学院留学を経た今の自分はどこまで英語力があるのか測るいい機会だと思うので、受けることにしました。その次は仏語。キャリアに役に立つかは微妙ですが(多分中国語の方が価値がありそう)、ヨーロッパ旅行をした際に英語以外のヨーロッパ言語がもう1つ出来ないとダメだと実感したので、第2外国語で時間を割いて勉強してきた仏語をある程度までモノにすることに決めました。通勤時間の半分はこちらの対策に当て、これは来春に実力試しになるよいテストを受けるつもりです。試験をどれにするか思案中。

仏語クリアしたら中国語がwaiting listにいますから、社会人になっても大忙しです。30歳までには、フィリピン・フランス・中国・カナダに在住経験がある人間にふさわしい語学能力を習得し、さも当たり前のように言葉を操れるようになりたいっ。「そこに住んでたことがある」って事実に意義を持たせたいと考えてます。まあ、日・英・仏・中が出来れば、けっこうどんな仕事にも役に立つと踏んでますし。語学能力に長けた方ではないので、もうスペイン語とか韓国語は趣味の世界で少し覚えるくらいしか余力はありません・・。さらにwaiting listの後ろの方にはドイツ語・オランダ語がいますが、一生ムリそうです(笑)オランダ人の友人(でも英語native)にそう言ったら怒られました。「オランダ語は簡単だ。ドイツ語と英語の中間くらいだ!ドイツ語も覚えれば一石二鳥。」らしいですが、ごめんやっぱり50歳になってもマスターできないと思います。彼女が日本語を覚える方が絶対早いと思う。

・・・と、どんなに目の前の仕事が忙しくとも願望(野望?)を忘れない、欲張りな私でいたいと思います。そのためにまず、心身のバランスを忘れず常にベストコンディションで物事に取り組めるようにするのも、今年の大事な目標でした。
[PR]

by philosophia_nash | 2005-04-10 18:40 | Work
2005年 04月 05日

雲隠れ生活

久々にネットしています。管理人は生きております。
生息地は中野のお隣のさびれた、もとい静かな住宅街です。

色々と手続きに戸惑って、家のネットがまだ開通していないため、すっかりネットから足を洗った人みたいになってます。開通したら最大100Mbpsなんだけどなー・・。楽しみだけど本当に早く自由なネット生活に戻りたいです。今のところ予定は4月23日・・・・と、遠いっ。

それまではこうしてネットカフェに足げく通うしかないですね。
最近、東京メトロの駅構内で無線LANのサービスがスタートしたとかしないとかいう話もあるので、調べて申し込んでみようかなぁとも思います。ラップトップを駅に持ち込めばタダでネットです。ウヒ。

私も4月1日に入社式を迎え、晴れて社会人となったわけですが、現時点では日本の大企業というものの体質やら規則やらに改めて驚かされています。うちが特別固いのかもしれませんが、ホント固いですねー。某Mフィナンシャルグループの子会社ということで、ガチガチです。

おまけに、なんだか新入社員はまるでお子ちゃまのように扱われます。人事の人の話し方も小学生に話しかけるかの如くゆっくりで、やれ、あれはやっちゃだめ、これはこうしなさい、挨拶しなさい、廊下で騒がない、授業中は寝ないで・・等など、我が耳を疑いたくなる台詞満載です。そしてもちろん初日から、手取り足取り会社のことを教えられます。その後でたっぷり2週間研修生活です。給料もらって勉強してます、今の私。贅沢ですねー。まだ社員生活3日目だというのに、既に私一人に対してでも相当な額のお金が動いてますよ。会社も元を取るのは大変ですね、これじゃあ。

アタマではこれが日本ではフツウの「入社」のプロセスだと分かっていても、留学帰りの私はなんだかびっくりさせられてばっかりです。日本の大学生ってそんなに子供なんでしょうか。それとも、子供に戻らされて、一から会社色に養育しなおされるんでしょうか・・。日本社会の大学の在り方はおかしいおかしいと思ってたけど、その原因を作ったのは企業側の体質にあったんじゃないかなーと思わされます。

さてさて、今夜は引き続き部屋の片付けと間近に迫った情報処理試験の勉強でもしますか・・。
ちなみに私は毎朝ちゃんと朝食を取ってます。目標は朝軽いジョギングとシャワーを済ませ朝食を取って、コーヒー&新聞タイムを取ってから家を出ること。・・トロイ私には2時間くらい必要そうですが・・・・健康行動科学専門ですから、頑張りまっす。

さらにどうでもいい余談。うちの新入社員はなぜか落ち目なvodafoneユーザーが多い。しかも私の携帯の色違いを持っている人を次々に発見し、なんと全色集合しました。同じ会社に採用される人って、何だか不思議な共通点ありますね。
[PR]

by philosophia_nash | 2005-04-05 20:52 | Miscellanea