カテゴリ:Miscellanea( 80 )


2006年 11月 06日

ばとん

久々に湯船にゆっくりつかろうと、お風呂にお湯をはっている間に、ばとんやってみましょう。
mixiでリンク中の、ひかひきさんのところからのばとん。


□01□ あなたは今、素敵な恋愛をしていますか
     また、その期間はどのくらいですか

   ■素敵かどうかは置いておいて、していると思われます。
    何が始まりかよくわからないので期間不明。

□02□ 自分の性格を5つ以内で簡単に

   ■大雑把
    単純
    心配性
    情にもろい
    おせっかい  (こんな感じかな。良いモノ少ない気が・・・)

□03□ 理想の異性像を5つ以内で簡単に

   ■公私に渡り合理的な人。
    自分なりの信念がある人。
    根底にある価値観が古風な人。
    最低何か1つのことに精通している人。
    初対面の相手に気を使わせないよう気を回せる人。 
             (うん、やっぱり異性を見るポイントはこんな感じ)

□04□ 異性のグッとくるセクシーポイント

   ■白い肌と黒い髪。綺麗な手にも実はどきっとします。
   

□05□ 異性に求める趣味はありますか

   ■求めはしないけど、相手の趣味があんまりアウトドアは辛い。

□06□ 既婚 or 未婚

   ■未婚

□07□ 友達と恋人、どちらを優先しますか

   ■先に約束した方。それかその時優先すべき方。

□08□ 血液型と相性は関係あると思いますか

   ■血液型で性格が決まるわけではないとしても
    なぜか相性が良い人の血液型はA型が多い。

□09□ 電話とメール、どっちが好きですか

   ■用件によりけり。多分メッセンジャーが一番すき。
    リアルタイムで文字表現だから。

□10□ ナンパから素敵な恋愛はうまれると思いますか

   ■素敵な恋愛とはなんだろか。あんまり無いとは思います。


□11□ 遠距離恋愛は耐えられますか

   ■期間限定で、遠距離恋愛をする理由に納得していれば間違いなく。
    

□12□ 他人に言いにくい恋愛経験はありますか

   ■あります。言ってますけどね。

□13□ 今までに付き合った人は何人ですか

   ■多分この先両手をはみ出ることはないだろう人数。

□14□ 初恋はいつですか

   ■小学生です。幼なじみ。

□15□ 初キスはいつですか

   ■十代です。なんかよくわかんなかったような。

□16□ 自分から告白をするほうですか

   ■基本は自分からが多い気がします。言われると
    妙に考え込んでしまってダメ。

□17□ どのように気持ちを伝えますか

   ■直球。変化球は投げられない。

□18□ 浮気が発覚したらどうしますか

   ■一時の気の迷いか、根本的な原因があるかによる。
    前者であれば、しばらく全ての我が儘を聞いてもらう
    代わりに許す。

□20□ 失恋した直後にとる行動はなんですか

   ■前は速攻で悪友に電話した。

□21□ 失恋から立ち直る時の方法はありますか

   ■女友達と酒盛り→バレーボールをする→男友達と酒盛りする。
    だんだんふっきれてくる。

□22□ ふる方が多い or ふられる方が多い

   ■ふられる前にふることが多いと思う。

□23□ 好きな人に"異性とは思えない"と一度ふられました 。あなたは諦めますか?

   ■年上なら、「じゃ妹でいいです」、年下なら、「じゃ姉ということで」といって
    もう少し絡んでみる。それで脈ナシなら諦め。

□24□ 元恋人とは今どのような関係ですか

   ■連絡をたまに。元気でやっていてくれれば良いです。

□25□ 恋愛相談は主に誰にしていますか

   ■決めるのは自分なので、相談はあまりしない。たまに愚痴は男女問わず友達に。

□26□ 男とはどういうものですか

   ■大人のような子供ような。リアリストなようなロマンチストのような。
    ときどき困ったちゃん。

□27□ 女とはどういうものですか

   ■強いような弱いような。合理的なような非合理的なような。
    支えがあればとても強くなる生き物です。

□28□ あなたにとってセックスとはなんですか

   ■愛する方法の1つ?

□29□ 恋愛にセックスは必要だと思いますか

   ■無くても成り立つだろうとは思う。
   
□30□ どちらかと言えば愛されたいですか、愛したいですか

   ■愛したい派かなー。愛を注げるというのは幸せです。

□31□ 付き合いを長引かせる秘訣はありますか

   ■我を出さなきゃいいんじゃないかなと。ほどほどの付き合い
    にすれば。私には無理です。

□32□ 嫉妬や束縛はどの程度受け入れますか

   ■表現の仕方による。上手く表現しててくれれば適度になら受け入れ可。

□33□ 一番愛を感じるのはどういう時ですか

   ■助手席に座ったときに、「寝てていいよ」って言われた時(笑)

□34□ 異性の惹かれる行動はなんですか

   ■ちょっと凹んでるときに甘えてくる&私を忘れるくらい仕事に打ち込んでいる姿
    (後者は仕事限定)

□35□ 逆に、一気に冷めた行動はなんですか

   ■叱るべき内容について感情のままに怒る。

□36□ 一番恋愛がしたい季節はいつですか

   ■季節はあんまり。仕事が忙しい時に限ってそうなるかも。

□37□ 今までの経験から学んだ教訓はありますか

   ■習慣や行動、考え方は20数年も生きていたらそうそう
    変えられないから、そもそもが自分に近いもしくは好ましい
    人を選ぶのが良いと思う。    

□38□ モテる人とモテない人の違いはなんですか?

   ■アピール力。結局のところは、モテようがモテまいがアウトカムには
    あまり影響ないと思いますが。

□39□ 好みの芸能人はいますか

   ■バツグンに好み!は今いないですねぇ。佐藤浩一とか阿部寛はスキ。

□40□ オススメの恋愛の曲・本・映画などがあれば好きなだけどうぞ

   ■曲なら今いいなーと思うのは
    Right next to the right one
    To be with you
    坂道                  あたり。

本や映画でものすごーく良いと思う恋愛モノはないかも。

□41□ 恋愛に関して、理想(or 想像)と現実の違いを思いつくだけどうぞ。

   ■恋愛に関して・・・ではないかもしれないけれども、自分が理想とする
    完璧な男性に出会ったとしても、その人とは付き合いたくないと思う。
    その辺り、「理想」って結局何なのかよくわかりません。    
 
□42□ 今までで一番つらい恋愛体験を差し支えない程度にどうぞ

   ■どれもつらい時があった。でも一番辛いのは諦めなければいけない
    ときだったかも。

□43□ 一度別れた相手と、よりを戻すことができますか

   ■別れた原因によりけり。外的要因であれば、ありえる。

□44□ 友達以上、恋人未満の経験はありますか

   ■短期的にあるといえばある。でも性格的に長くそうゆう状態はありえない。

□45□ 結婚を本気で考えたことはありますか

   ■結婚生活がどんな風になるか考えたことはある。が、式とかその前段階の
    イメージが全く沸かないため、本気とはいえないかも。

□46□ 恋愛において、愛情以外で大切なものはなんですか

   ■相手の人生(価値観含め)の尊重
    お互い気持ちよい関係でいようとする努力

□47□ 恋愛において、自分の足りない部分はどこですか

   ■後者の努力が足りない模様。関係性に対する理想が高すぎるかも。

□48□ もしも一つだけ願いが叶うとしたら

   ■数学が得意な人間にしてほしい。悩み事の2/3は解決する。

□49□ あなたにとって素敵な恋愛とは

   ■自分の存在が、何かしら相手にポジティブな影響を与えて
    相手の存在が、何かしら自分にもポジティブな影響を与えてくれる関係。
    それでお互いが「幸せ」を感じるとき、互いの存在が不可欠だといいですねぇ。

□50□ 最後に、叫びたいことをご自由に

   ■日本×ポーランド戦、物凄いプレーの連続だった!
    さおりん最高!今日のMVPは彼女にあげたい。  

□51□ 回す人5人書いてね☆

   ■これ長いです。覚悟の上でお暇な時どうぞ。
[PR]

by philosophia_nash | 2006-11-06 00:53 | Miscellanea
2006年 11月 05日

のだめカンタービレ

この三連休は、久々にお休み!って感じがしました。妹の手伝いもあり、早めに家事を片付けたせいか、いつものバンド練習と家事に明け暮れる週末と一味違いました。

しかしまぁ、何時間やっても新しいバンドの課題曲が覚えられない(TへT)。パーツに分けて練習しているのですが、「よしこのパートは完璧に覚えた!」と思って、次の日の夜会社から帰ってきてへろへろ弾くと、出てこないんですよ・・・。正確には指が動かなくなってる。昨日覚えたのにーーー!←とこんな感じのくりかえし。最近は昼休みも睡眠補給をする日以外は、できるだけ原曲を聞きながら手の動きを追うんですが。ピアノも10年サボったら小学生以下ですねぇ。

最近「のだめカンタービレ」読んで、それ以来、「あぁ、のだめみたいに耳コピが完璧だったら・・・」、とか「なんで千秋くんみたいな耳の人間が世の中にいるんだろう・・・」と思ってしまいます。同時に、初見で弾けない人間は、「ピアノを弾ける」とは言えないのではないかとも(即興ができる、ならいいのかもですが)。しかし、2人とも、あれだけの才能があっても、努力の量が凄い(漫画の世界ですが)。私はせめてもっと努力しなきゃ・・・です。

バンドは本番のライブまであと1ヶ月。仕事も11月・12月で佳境を迎えるので、手を抜かず、でも効率的にこなすのが目標!仕事は相変わらずどきどきする程締め切りはタイトで、量も半端ないのですが・・・がんばります。友達と全然会う暇ないんだけど・・・皆、ライブ終わったら遊んでください(TへT)
[PR]

by philosophia_nash | 2006-11-05 22:29 | Miscellanea
2006年 11月 04日

遠ざかるトロントの思い出

本日、バレーボールを観戦にいき、ちょっと圧勝過ぎたけど日本が勝っていい気分で帰ってきました。

帰ってきてメールチェックをしたら、珍しく母からPCのサポート以外の用件でメールが来ていた。その内容は、トロントで私達の身近で2年半を過ごした人が、自ら命を絶ったというニュース。

既に私達がいた頃の仕事は辞めて別の仕事をしていたらしいので、詳しい事は全く分からないけれども、精神を病むようなタイプではない屈強な体育会系の、さっぱりした男性でした。まだ40歳前だった。トロントスカイドームのマリナーズ戦で、一緒にニカっと笑って写真に映ってたのに。元警察官で、スポーツトレーナーもできるという彼は、私ごときがパンチしても、びくともしないような身体だった。

もうそんなに会えることも無かっただろうけど、それでもあまりにも予想しなかったことで。亡くなったというだけなら、まだ受け止められるけど、あまりにも信じられなくて。そんな事態になるまで、気付けなかった、救えなかった周りの人間は、トロントでどれだけ意気消沈としているだろうか。

何も出来ないから、せめてトロントで一緒に過ごした楽しい日々は、忘れないでおこうと思う。
[PR]

by philosophia_nash | 2006-11-04 01:46 | Miscellanea
2006年 10月 03日

怒り心頭・そのときどうする?

最近、とっても腹の立つ出来事がありまして・・・胃のあたりがムカムカしています。

私は家族の中では怒りっぽくない方で、怒ると無駄なエネルギー使うし、楽しい気分がどっかいっちゃうし、人が怒っているのを見るのも、自分が怒るのも大キライです。くだらないことで笑ってる方が人生何倍も楽しい気がしてくるもの。

ちょっと忘れてても、またすぐ思い出してふつふつと感情のお湯が沸いてくるんですが・・・どうしましょう。思い切って椅子を窓ガラスに投げつけて割れるような大胆な性格ならいいんですが・・・残念ながら後始末を考えると出来ないしょぼい人間です。

しかし大キライですが、人には怒らなければならない時がある、とも思います。大事なもの、譲れないものを守りたいなら、それを著しく侵害する人、故意であろうがなかろうが人をみやみに傷つける行為には、声を荒げるべきだと私は思う派です。そうゆう理由で他人が怒っている場合、私も納得いきます。そこで怒らない人間はダメです。芯の通った自分なりの価値観をもたないベタ甘人間だと。

で、ガラスも割れない、怒りをぶつけるのも好きじゃない場合、身体の中だけにストレスがどんどんたまるんですが・・・既に目に見えて変化が(TへT)この場合、問題回避型の対処(巷でいう「ストレス発散」で、違うことをして気持ちを問題からそらすコーピング法)をしても、結局元に戻りそう。やっぱりここは、元凶に怒りぶつけるしかないかなぁ。

客観的に私がこうゆう相談受けたら、「ガツンといえよ!」って背中押しそうな状況です。皆は真面目に腹が立ったらどうしてるんだろ・・・ちょっと考える日でした。
[PR]

by philosophia_nash | 2006-10-03 00:45 | Miscellanea
2006年 09月 28日

英語の上手さとは

先日、丹波哲郎さんがお亡くなりになりましたね。
正直、さすがに有名な俳優さんですから名前はずっと知ってたのですが、まともに出演作品を観た事がありませんでした。

TVの特集で「007は二度死ぬ」のワンシーンを観たのですが、彼は本当に英語がウマイ!共演のショーン・コネリーも絶賛ということだったけれども、なかなか日本人でああゆう英語を操る人はいない。かっこいいと思いました。

同時に、私の中での「英語が上手い」ということの定義を考えてみました。英語のNon-nativeである日本人にとって「英語が上手い」人というのは、たいてい「Nativeのような発音で喋る人」を指します。だけど、Nativeのような発音で喋る人というのは、実際は幼少期の成長過程で語学を身につけたバイリンガル(もしくはそれ以上)以外にはあまり考えれません。それは、生粋の日本人とは違うのではないかと思います。また、とても「高度な事柄を洗練された語彙ですらすら説明できる」人も、「英語が上手い」のでしょう。英検1級よりはるかに上です。こうゆう人は、発音はとても平坦で全く英語っぽく響かない場合もありますので、万人が認める「英語が上手い」人にはなりにくいかもしれません・

それらを踏まえて、生粋の日本育ち、日本人でありながら、外国語として英語を操る上で、私が思う最も「英語が上手い」とはどういうことか・・・考えてみると、それは「英語人と渡り合うだけのユーモアのセンスが会話に盛り込める」ということなのでした。私が思うに、とかく英会話というのは、ユーモアのセンスを要するものなのです。発音は一見大事ですが、実際には発音のほとんどは発声の仕方に依存すると私は思うので、会話の中身程には重要ではないと思うのです(発声さえ訓練すればよくなるという意味で。現実社会では、発音はそれ単独で社会的背景や階級を指し示す程、重要視されます)。その意味では、実は日本人の中では、関西人の方が若干ですが関東人より英語が上手い気がします(何の根拠もない、あくまで経験に基づく主観的な見解です)。

無論、ユーモアのあり方は国ごとに違っていて、アメリカとイギリスの違いはよく語られますが、本当に大きくことなります。丹波達郎の凄いところは、日本人的ユーモアを英語でちゃんと表現できていることだなぁと思いました。完全にアメリカ・イギリス風のユーモアをモノマネする形で覚えて使うことは出来ても、自らが生まれ持った日本人的ユーモアセンスを英語に生かせる人というのは、数少ない気がします。しかも、それはもちろん日本人以外にもわかるような形でのユーモア表現で無ければなりませんし。

ま、とにかく丹波哲郎が喋るシーンを見ていて、確かにあれだけかっこよく英語を喋る日本人は、最近見かけないなぁと思いました。いいですねぇ、あんな英語を喋る日本人が多ければ、誇りに思います。現実には、意味を伝えるのだけでいっぱいっぱいなんでね、私含め。
[PR]

by philosophia_nash | 2006-09-28 00:59 | Miscellanea
2006年 09月 28日

タイミング

首相がかわりましたね。
なんだか「チーム安部」という言葉を、新聞でよく目にします。それをみるたび、私は教育係を思い出してます。

で、話は変わりますが、私は自分の部署(といってもチーム単位)にかかってくる電話を、席に座っている限り全て受けています。時々、もう本当に疲れてしまってて、電話も多くって、あぁ、いけないなぁと思いつつ、かなり無愛想だったり、疲れた声で電話に出てしまうことがあります。90%は、ちゃんとはつらつとした声で出てるんですよ(念のため)。

で、「あ、マズイ」と思う程、覇気の無い声で出てしまったときに限って次に出てくるのは

「FGのABというものですけど」

なんですよねぇ~~~(--;;;

なぜ?!どうして私の一番悪いところばかり教育係に見せてしまうのか。これは、今に限った話ではなく入社以来ずっとそう。教育係には、自分でも「あ、いけない」と思うような、部分ばかりタイミングよく披露してしまいます。面と向かって説教されたこともあります。いつもはこうじゃないです!といったところでねぇ・・・信じてもらえません。

これは、いついかなるときも、気抜くなよ!って言われているのかもしれません。しかし私と教育係のタイミングの良さというか悪さというかは驚異的です。そろそろちょっとねぇ・・・おっと思わせるいいところもタイミングよく見せられればなぁと思います。
[PR]

by philosophia_nash | 2006-09-28 00:35 | Miscellanea
2006年 09月 17日

誕生日とお花

先日、同期に早めの誕生日祝いをしてもらいました。
で、「プレゼントは何がいいですか?」と言われ「実用的なモノが好きです」と言ったらば、花束をもらいました(笑)いやでも、お花はやはりもらうと嬉しいです。しかも、真っ赤!(赤の中でもcrimson!って感じの深い色)な花束。うちにはまっとうな大きな花瓶がないため、自由花風に盛花の花器に生けてみました。先生お許しを。

家に帰ってから姉に「あんたはこうゆうイメージなのかねぇ」と言われ。姉は、今までに濃い色の花束をもらったことはないそうな。くれた人に聞いてみたところ、特に赤と指定したわけではなく、大人っぽい感じと言ったそうなのだけれども。お花もゴージャスで、ガーベラ、バラ、グロリオサ等、好きなお花ばかりで、素敵な花束でした。そういえば、私は比較的濃い色のお花をもらうことが多いです。淡い色が似合わないんでしょうねぇ(笑)

と、これだけ感激しているのに、私はこの花束を1次会で忘れそうになり(この時は自分で気付いて戻った)、2次会ではホントに置き忘れてきました(店の人が追いかけてくれた)。はぁぁ・・・酔っ払っているとはいえ、なんて忘れっぽいんでしょう。教育係ABさんは私のことを「5歩歩いたら何でも忘れる鶏のごとし」と称したけど、反論できません。すいません、皆様。でも2次会の後はかなり本気で酔いがまわってたのです、許して下さいませ。

この日は、「家に着くまでもう少しだから、なんとか持ってくれ!」と自分にお願いしながらなんとか帰路についたのでした。ちょうど1年前・・・会社の飲み会で勧められるままに飲んでて自分がどのくらい酔っているかにも気付かず、幹事だったので会計を済ませ店を出ようとしたら急に酔いが回ってダウン→タクシーでABさんに家まで連れてかえってもらうという失態をやらかしたのでした。もうすぐ27歳です・・・酔ってメイクを落とさずに寝てしまうような愚行は控えよう・・・そう思うのでした。
b0062824_22472925.jpg
ちなみに誕生日は21日です。私の誕生日の花はイヌサフラン(諸説ありますが)で、花言葉は「悔いなき青春」です。ま、春高に出られなかったことを除けば(身のほど知らず!)、あまり悔いはない青春を過ごしたと思います、はい。思いのままに突っ走る性格ですので。そういえば、同い年の同じ日生まれのタレントさんは有坂 来瞳さんがいるのだけど、今彼女を知っている人はどれくらいいるかなぁ。一時期はそこそこTV出てたし、売れてたけど、もう全然見ないですね。時の流れは色々残酷だな。
[PR]

by philosophia_nash | 2006-09-17 22:51 | Miscellanea
2006年 08月 24日

日記大統合

GREEを見ていた人は気付く方もいそうですが、GREEおよびMIXIの日記を外部ブログのリンクに変えました。今後は日記は全てここから更新することにしました。このブログが、2001年途中くらいからずっとWEB上でつけていた日記の継承日記であります。このブログに変えたのは留学終了直前でしたが、私がメインでずっと書いていたものです。なんてくだらない戯言を世界中に公開してきたのやら・・・やれやれ。

GREEの日記は、外部ブログのリンクに変えてしまうと消えてしまうということで、バックアップだけとって(しかも手動・笑)終わりとしました。いくつも日記をつけわけるというのも無駄な労力を使いますし、終いにはどれも更新しないという事態に陥ってきたので統合することにしました。

前はいちおう「オーディエンスが異なる」という理由で分けていましたが・・・も~どれもこれも私ということで、包み隠さずどっからでも見てもらうことにしました。ありゃ、この人なにやってんの、と思うもよし。何言ってるんだろう、と思うもよし。意外とこんなこともやってんの、と思うもよし。だから誤字脱字が多いんだよ!と思うもよし(笑)

というわけで、日記をまたつけていこうと思います。なるべくくだらない日常のつぶやきとふとした思いを留めたい。
[PR]

by philosophia_nash | 2006-08-24 21:31 | Miscellanea
2006年 07月 13日

あ~しんど(しんどいときの戯言)

表題はうちのパパの口癖。

仕事を始めるまでは言った事もなかったのに、気がつけば家に帰るとパパの口癖を・・・。これ以外の口癖も連発。親子だなぁと思うのに加え、そうさ仕事はけっこうしんどいことが多いよねぇパパ、と思う。たいしたことやってないのにね。

本来うちみたいな仕事には波があり、楽な時期と詰めてやる時期のギャップがある。が、偶発的な要素もあり、私の経験不足もあり、首が回らない程ではないけど、過剰な状態がもう半年に渡って連続。GWをはじめちょこちょこ休んではいるけど、それが余計に他の日々への負荷を増大させた。結局休まない方が効率いいのではないか。本来の自分の力が出せないくらい、疲れました。20代だって疲れます。

それでも忙しい=生産が多いわけではなので、もっと仕事を取ろう!もっと仕事を取ろう!と駆り立てられる。ちょっとまって、取った仕事は誰がどうやるの?質は下がってないの?無理をするレベルでやらなきゃ、仕事にならないの?・・・と思う。業界の不景気のあおりなんだろうか。この業界は昼夜を徹してやらないとそもそも成り立たない世界という雰囲気はある(うち以外、日本以外でもこの業界は働き過ぎだから)。その裏では、仕事はあるのにやる人が足りない、人は微妙に余ってるのに適切な仕事がない、というミスマッチも起きてる。

数字ノルマとか本数以外にも、来年以降の含みも考えた質を加味した戦略はもっとあっていい。力を蓄えるゆとりは、力を枯渇させないための本来最も重要な事項の1つのはず。シンクタンクの人間なのに専門性が低すぎるのは困りモノではないか。こんだけ人がいるんだから、数字とかシェアとか以外のことを目標としてやる人間がある程度いてもいいんじゃないか。もっと、ただの生産と価値創造を効率よく分けて、人の(時間の)浪費をしない方法はないのか。ぺーぺーはそんなことを思います。

知的創造集団であるべき。個々の業務以外にも、ビジョンありきの集団としての存在意義を高めるための活動が本体にあるべき。けれどそうなれない日本のシンクタンクは、「政府の下請け会社」。外ではそう言われてるけど、現状それを否定できない。

個人的には残業するなら、楽しくて1人ほくそ笑んでしまうような仕事がしたい。組織はその人員が最大効率で利益を生めるような体制を考えて欲しい。使い捨てられることのないスペシャリストになりたい。わがままをいうとこんなかんじ。あと3年。転機は必ずそれまでに見えてくると思うので、今は着実に小さな芽を伸ばすときかもしれない。

・・・と色々考えるけど、今一番必要なのは短時間熟睡法と、ナルコレプシーにつける薬と、自分を解放する時間かも。
[PR]

by philosophia_nash | 2006-07-13 22:26 | Miscellanea
2006年 03月 05日

母校プロモ

凄いことを発見しました!

姉とまったりCDTVを見ていて、「そういえばSOPHIA新曲出してたよね?上位にいるんじゃない?」となんだか最近猿丸ファン(※NHK朝の連続TV小説参照)の姉に言われて、チェックしてました。私は最近全く状況を把握してなかったのですが、なんと2曲同時リリースしていて、1曲は「brother&sister」。相変わらず5秒程度のクリップではちょっと印象に残らない曲。「ふーん」と思ってたらもう1曲の「エンドロール」が流れる。

その瞬間 「!!!!!!」

一瞬、5人で屋外で演奏している映像が映ったのですが、その後ろに見える建物と木の感じが紛れも無く、見覚えのあるうちの高校だったんです。

早速プロモを入手しました(東芝EMIのHPで、無料視聴やってます)。なんと、そのプロモにはめくるめくうちの高校の様子が映し出されてました。この感激(?)を誰と共有していいかわからないです。まさか、自分がずっと好きだったアーティストが「卒業」の歌を、本当に自分が卒業した高校で歌うとは。高校の中庭の真ん中でSOPHIAが演奏している…変な光景。卒業生の大半が医者や公務員、外資系コンサルに勤めるような優秀な人材を輩出し、弱くても部活動や文化祭も頑張ってて文武両道がモットーのいい学校でしたが、一方で殺人未遂やら盗難やら放火まがいまで、事件の耐えないアンビバレントな進学校でした。「高校生活」をイメージしたプロモに自分の実際の高校生活が重なるというのは、なんというかとても感慨深い。

演奏しているのは朝礼もやる中庭(ついでにテニス部の練習場所)、途中でうつる卒業式のシーンは講堂、生徒が駆け下りてくる階段は中央階段のところ、上がっている階段は女子ロッカー側の2階から3階へ上がる階段。途中映る廊下はおそらく2Gのあたりの廊下。講堂までの渡り廊下(上履きで渡っていい)も映ってた。なんと、あのボロイ机と椅子のある教室もそのまま映ってます。年季の入ったあの建物の、「古き良き」部分が映し出されてます。…つまり汚い下駄箱付近や体育館近辺は映ってない(笑)銀杏並木が映ってなかったのが残念。

目に焼き付いていた景色だけど写真に撮ったこともなかったのでこんな風に映像で見ると思わなかった。今日も東横線に乗って都立大へ行ったので、ちょっと懐かしい気持ちになってたのに、さらにノスタルジー倍増。見るだけで、高校生活の楽しかったこと、辛かったこと、たわいも無い日常、酸欠起こして倒れた卒業式の練習(もちろん本番も思い出ですが)や、日射病になりかけた朝礼を思い出します(…変な思い出ばかり)。

ただ一言だけ言いたい。本当のうちの高校はセーラー服に学ランです。ブレザーじゃない。実は私は制服はブレザー希望で、4つ受けた高校のうち残りは全部ブレザーだったのに、セーラーの高校へ行くことになってしまったのでした。地味な制服でしたが、今でも電車であの制服を見かけるとすぐ分かります。ついつい見つめてしまいます。この間も部活動の後に塾へいった帰りらしき附校カップルを山手線で見かけました。

今度お散歩がてら高校見にいくか、今年9月に辛夷祭を覗きにいってみようかなと思います。なんだかとても、高校の校舎が見たい。PVに映っている演奏シーンは、ちょうど毎年春に集合写真を取る角度で、15歳の春にあそこで集合写真に写ってた頃の自分を思い出しました。あれから、11年経って、私は何を得て、そして何を失ったのか…なんてちょっと考えてしまいます。皆そうかもしれないけど、「高校卒業」は私の中で1つの大きな岐路だったので。そのせいなのか、なんなのか、このPVを見ていると涙が出そうになります。
[PR]

by philosophia_nash | 2006-03-05 19:45 | Miscellanea