Philosophia

philo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Miscellanea( 80 )


2009年 10月 08日

モンパルナス楽しいですね

思えば、モンパルナスを歩き回ったことはこれまでほとんどありませんでした。日本でいうと下北沢とガイドブックでは表現されていましたが、ちょっと裏通りに入るとカフェやバーが沢山あって、かなり活気があって楽しい場所です。 パリに住んでいたのは小学生の時だし、旅行で来た時はまだ学生でしたからねぇ。社会人になって訪れるとまた違いますねぇ。

諸事情により予約していたレストランをキャンセルすることになったので、今晩はバーでビールとオニオングラタンスープ・オムレツとサラダというカジュアルな食事をしました。オニオングラタンスープがゲキウマでした・・・チーズがものすごい量入っていて、幸せでした♪

そして、レフ・ブロンドの樽生が、なんと2.5ユーロで飲めて感激です★ ハイネケンの隣にレフがあったので、速攻頼んでしまいました。ワインもいいけど、ビールもいいですね♪そこら辺のビール&ワインバーでもけっこう美味しい食事を出していて、さすがパリです。・・・ロンドンじゃこうはいかない。

会議は、なんとびっくり、国名は名札は全部仏語で書いてあるのに、会議では今年はフランスもスイスも皆英語で発言していて(去年までは仏語だったそうで)、一応同時通訳がついているのですが、ヘッドフォンせずにずっと聞いていられるのでかなり楽でした。でも・・・人のことは言えませんが、皆かなり母国語なまり強いですね。ギリシャ、エストニア、チリ、イタリア辺りは一瞬英語に聞こえないくらいバリバリの母国語アクセントでした(^^;

チリの出席者の人がとっても格好良かったので、素敵♪と思っていたらば、ふと横から見た瞬間おかしなことに気付いてしまい・・・。髪は短いのに、後頭部の一部だけ伸ばしていて、ちょっとくるんとまとめてある・・・なんというか、ラーメンマン風の髪型なんですよ!!あぁ・・・せっかく格好いいのに・・・チリの官僚であの髪型は許させるのですねぇ。会議中暇なときはもっぱら人間観察してました。healthの分野のせいか、女性の出席者も多くて、お隣のイタリアのお姉さんは美人でした♪アメリカの出席者であり議長でもある女性が一番英語綺麗で喋り上手でしたねぇ・・・やっぱりカナダ人よりアメリカ人の方が英語綺麗ですね。

ちなみに議題であるSHAのことを「エスエイチエー」と日本語では言っていたのですが、会議では皆「シャー」と呼んでて、一人でウケてしまいました。日本人的には「シャー」と聞くと、別のものを思い出してしまいます。SHA1.0、SHA2.0のことを「シャーワン」「シャートゥー」と皆が連呼するので、密かに楽しんでいました。あと、UKが仏語では「Royaume-Uni」であることを、初めて認識した気がしました。字面だけ見ると、イギリスって感じしないです。どこのl国かと思いました。

そんなわけで会議1日目終了です。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-10-08 05:17 | Miscellanea
2009年 10月 04日

はんぱない姉

うちの姉は今日からフロリダ出張だそうで。私は明後日からパリなので、来週には実家にお土産がてんこもりになる予定です(フロリダよりパリの方が土産のオーダーが多いんだけど・・・無論自腹です)。

うちの姉は、高校のときは某デュオを追いかけていたのですが、時が移り変わり今は俳優のSOを追っかけております。それなりに忙しい社会人をやりながらなので「できる範囲で」ですが、見上げたもんです。既に何回もドラマの収録やらファンイベントで生で会っているみたいで、本人にも覚えられているだろうというレベルです(どこかみたいに所謂「おっかけ」部隊はいないので、そんなに難しくはないようです)。

昨日初めて聞いたのですが、いつの間にやら姉はエキストラ事務所にまで登録しているらしく・・・。今度、SOがドラマの主演をやるらしいので、そのドラマのエキストラ出演を狙っているらしい。すごい・・・毎度のことながらその執念や情熱はどこから来るのやら・・・と思います。SOのこととなれば、始発乗ってチケット買いに行ったりしますからねぇ・・・えらいもんです。

その熱意を仕事にぶつければ・・・さぞや・・・と思い続けて早何年だっけ。いつも仕事は嫌そうにやってます(ちゃんとやってるみたいですが)。まぁ、追っかけている時が一番いきいきしてて元気そうだからいいかーと思ってしまう妹の私です。他に、旅行に行ったときも、いきいきしてて凄い勢いですけどねぇ。

私もたいがいアレですが・・・姉の貰い手はいるのか・・・心配です。引き受けてくれる人がいたら、私は心からの感謝を送りたいと思います・笑 出戻りは絶対不可で!

ちなみに、うちは上から順に下に行くほどに情熱が薄まっていく感じです。妹が一番クール。・・・ま、妹も最近公開された大好きな映画監督の映画を 7回も見に行ったらしいので、もしかして私より姉似なのかな・・・と最近気付きました。皆凄い情熱だ。私にはそこまで何かする情熱は沸いてきません。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-10-04 22:30 | Miscellanea
2009年 09月 30日

for or against

ちょっと前に友人達と飲んでいる時に話題になったお題です。
政治的な話じゃなくて、 「村上春樹」についてです。

割と本好きが多かったので本の話をしている時に、「村上春樹が好きか嫌いか」で分かれてみたら、その時はちょうど3対3。村上春樹って、好きな人は凄く好きで、ダメな人には徹底的にダメな作家さんなんだなぁと改めて認識。

わりと、仲の良い友達には村上春樹好きが多い私。ダメなんですよ・・・自身は。全部読んだわけじゃないので、大きなことは言えませんが、世界観も、出てくる人物像も、何もかもがダメ。文章がダメとか、描写が悪いとか、話が面白くないというわけでは、全く無く。文体が読みにくいと思ったことはないですが、一番辛いのは人物かなぁ・・。 たまたま読んだ話と相性が悪かったのかもしれないし、今読んだらまた違うかもしれませんけどね。

で、その時、またメンバーが少し入れ替わった時に同じように好き嫌いで分かれてみたのですが、「なんとなく、好き派と嫌い派って分かるよね」という話をしまして。「嫌い派」はリアリスト寄りが多いのかな?という感じです。+ちょっとミーハーかな・笑それから、多分本に求めている物が、好き派と違うんだろうと思います。

私は、今も昔も読む本は実用本が多く・・・今も読まなきゃいけないリストがいっぱいなので小説に手を出せずにいますが、小説読むならエンターテイメントとして徹してほしいので、やっぱり推理小説が好き。ジェットコースターのように非日常を体験させてくれ、頭もちょっとだけ使える。わりと、物語の目的がハッキリしているから、読んでて楽なのかなと思います。その他の小説をあまり読まないようにしているのは、むしろ感情移入の度合がかなり高いからというのもあります。しんどい本はしんどくなるので、読まないようにしてます。

とりあえず今はまだテロ事件の方の「不都合な真実」を読み途中です。だいぶ核心に迫ってきましたがまだ1/3くらいある・・・。主にお風呂で読んでますが眠くて最近進んでいません。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-09-30 00:49 | Miscellanea
2009年 09月 28日

やっぱり便利・・・でも妨げでもある

タイトルのように思うのは英語です。今日たまたま職場にモントリオール在住のフランス人の方から英語で電話があって(ややこしい)、対応したのでした。

英語はアジアでもかなり通じるし、北米はほぼ全て、ヨーロッパもかなりの場所で通じるから、一々言語を習得できない身としてはこの上なく便利な言語です。最近じゃ仏語圏の人も結構喋るらしいですし☆(でも前にシャルルドゴール空港のお土産屋さんで「英語できる店員いませんか」と話しかけてたら相当数に逃げられましたが…)

実は最近、仏語が出来たら良かったなぁと思う出来事が立て続けにあって。…一応、大学時代に第二外国語で勉強したし、カナダでも日本より聞く機会が多かったから、耐性はあるんです。辞書を片手に頑張れば文章読解は遅いけど何とかできる。

… でもそうゆうレベルじゃなくて、「できる」のがいいんです(>_<)コミュニケーションに足るレベルが欲しい。でもねぇ……大抵の場合、英語でなんとかなるって思ってしまうから仏語を本気で勉強できずにここまで来てしまった。普段使う機会も少ないですしモチベーションの維持も難しい。正直10 年くらい仏語コンプレックスを抱いている気がします。

10年あれば何とかなったと思うんだけど…なんていうか、社会人生活をしながら、滅多に使わない言語をいざと言う時のためにきっちり習得するってどうしたらいいんだろうという思いでいます。英語も社会人になってから「出来た方がいいから勉強しよう」じゃ多分私は無理でした。

今の英語力くらいになりたいですが、英語の時と同じかそれ以上の努力が必要と思うと若干ゲンナリ(苦笑)英語はかなり自分を追い込んで学んだので(^_^;)これからを考えるなら仏語より中国語じゃない?という邪推もあって、コミットできていません。

どうせすぐ上手くならないから仏語検定2級くらいを目指してまずは仏語リハビリの勉強でもしますかね。…三日坊主にならなければ、いいかも。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-09-28 23:46 | Miscellanea
2009年 09月 19日

エコナだった

ニュースみてはっとして、まだあまり使っていないうちの油を見てみたら…

エコナでしたよ。
ばっちりグリシドールエステル入ってますよorz

参ったなぁ…使うかどうか…だいぶ残っているので捨てるのも大変だし。

ずっとオリーブオイルとごま油だけで料理作っていて、あまり使わないけど半年前くらいに漸くサラダ油を買ったんですよ。やっぱり風味がつかないのも必要かと。

油が本当にさらっとしていて、気に入っていたんですけどねぇ。残念!
[PR]

by philosophia_nash | 2009-09-19 10:34 | Miscellanea
2009年 09月 17日

9月の風

今年は9月に入った頃から急に風の匂いが変わりましたよね。例年、自分の誕生日くらいまでは残暑が厳しくて私は「もう9月なのに…」とちょっとうんざりしてたのですが、今年はなんともあっさり秋が来た気がします。ひょうし抜け。

とはいえ、大好きな秋です☆クーラー嫌いなので、自然の風が肌寒くてカーディガンを羽織る時期くらいが一番好き。

秋の風が吹くとほんのり寂しい気持ちにはなりますが、同時に前へ歩いていかなきゃという気持ちになります。日本(東京)は温暖湿潤気候で、年中乾燥していて寒暖の差が45~50度くらいあるカナダとは似ても似つかない気候ですが、秋の風だけは同じような匂いなのです。

この風を感じる度に思い出すんです。18歳の時にカナダに行って新しい生活に奮闘していた頃と、長く結果通知を待たされテロのおかげでさらに合格が危うかった22歳の時のカナダでの大学院生活の始まりの頃。日本以外は学年は9月始まりですし、9月はやっぱり一つの「始まりの季節」なんだと思います。

どちらの時も最初は毎日が不安定で未知との遭遇ばかりで、はがゆいことがいっぱいでした。毎日凹んで逃避して、でも踏ん張って乗り越えて。そして嫌ってくらい時間があった。小学校低学年以来に暇といえるくらい時間があり…ひたすらに自分と対峙せざるをえなくて。英語に関しては信じていなかったのですが、巷で言われるように12週目くらいに急に伸びてびっくりしたのを覚えてます。

カナダ生活のおかげで、手に入れた物が沢山あって、失った物が沢山あり…。失った物もきっと人生の重要な糧になるものだったと思うのだけど、私は別の物を手に入れることを選んだ。しんどいこともあったけど、やっぱり正しかったと今も思います。でもちょっとは切ないんですよ。ぷちぷちと途切れた青春の思い出が。

この風を感じると、だからか、感傷に囚われず前に進まなきゃいけない気持ちに今でもなります。夏の間のざわめきが静まって、心もクールダウンされていくような感じ。

そろそろ仕事も本腰入れていきますか。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-09-17 02:41 | Miscellanea
2009年 09月 15日

引越し完了★

本日無事に引越し終えました♪強力な雨女な私ですが、未だに引越しの日だけは雨が降ったことが一度もありません(笑)

今回は準備がしっかりしてたのでスムーズに★引越し屋さんには「A型ですか?」とお褒めの(多分?)を頂き。ダンボール全てに通し番号振って、最低三面に番号書き入れて、別に内容対応表をいつも作るのですが、そのせいかなと。でも普通作りますよね。ダンボール開封する時も効率良いし。

また、今日元の家の立ち会いも済ませたのですが、終わって大家さんにご挨拶したらなんと素敵なプレゼントを頂きました★大家さんは自宅が工房で着物の加工関係の仕事をされているので、端切れを使った袱紗とポケットティッシュのカバーをいくつか頂き…瑫素敵!最後にそんなことされたら切ないです(T_T)

私が洗濯物を飛ばした時も拾っておいてくれ、さりげに玄関前に干してある傘をたたんでくれたりするいい大家さんでした♪地味ですが私は離れがたいくらい落合の街が好きでしたよ。寂しいですねぇ。

でも明日からは心機一転、心地よい生活に向けて頑張ります涪
[PR]

by philosophia_nash | 2009-09-15 00:55 | Miscellanea
2009年 09月 14日

34箱になりました

明日は、お休みです。あとは、積み上げたダンボールを搬出するのみとなりました。

今回、引越し屋さんからもらったダンボールがけっこう小さめで、数をかせいでしまいました。前回は20箱+手持ちで移動したもの5箱分(100mくらいの引越しだったもので)くらいの荷物だったのに、34箱になってしまった・・・orz ちなみに、衣装ケースやスーツケース、大きな家具は除いて、です。

二人分?! 中学時代は10箱で、高校時代は15箱(でもダンボールは特大、スーツケースや家具は除く、ですよ)の荷物だったのにっ。やっぱり小さいダンボール6箱で留学して10箱+αで帰国したのが行けなかったんでしょうかね(倉庫に10箱分くらい2年半眠ってました)。・・・よく1Kに入りますよね、この荷物。

中サイズのダンボールで25箱程度に収まる荷物にしよう・・・そう思いました。ひとまず、今は物がなくスッキリとしたお部屋を満期中です。いいなぁ・・・自分の部屋じゃないみたいです。10箱分近く物を捨てないとダメですかぁ・・・本は60冊くらい捨てたんですがね。英語の本は売れないのが悩みです。資源ゴミにするしかない。専門書も高いくせに、売れないし・・・。捨てるにはあまりに勿体無い。

物捨てるのが得意な人がいたら是非教えてくださいm(__)m
[PR]

by philosophia_nash | 2009-09-14 01:03 | Miscellanea
2009年 09月 13日

引っ越します

実は明日、引越しをします!

本当に2年に1回くらいのペースで引越ししています。趣味ではありません・・・今回で12回目ですが、やっぱり苦手。苦手ですが、ちょうど更新の時期に来たので、2年前にとても予算内では良い物件が見つからない・・・と断念した、実家の近くへ引越しします。

ちょうど家賃補助が上がることになり、色々ちょうど良かったのです。一番の理由は、両親が赴任して妹が実家で一人暮らしになった時のサポートのしやすさを考慮したことですが。末っ子で甘やかされて育ってきてて、家事もロクにしたことない子ですからね・・・。ちょうど、進学・就活等、大事な時期がこれからなので、やっぱりね・・・心配ですよ。自分の心配はさておき。

さて、前回の引越しでは、納期を前に徹夜続きでかつ2週間のアフリカ出張前に引越しをせなばならず、いっぱいいっぱいで、ブラックリスト入りしそうな事態をやらかしてしまったので、今回は3週間前から計画的に物を捨て、本を売り、進めてきました。前回は姉と暮らしていた2DK⇒1Kだったので、色々大変でしたが、今回は1K⇒1Kなので物を整理したり配置換えするだけなので、かなりマシですね。

一番の難関は「捨てるか捨てないか」悩む本達なのですが、それが先に終わったのであとは「ひたすら詰めるだけ」の物達が残っているだけです(でも多い)。私は2年半前まで「実家」というものが無かったので、30年分の荷物をアルバム含めて全て自分で持っているので、ひたすらに荷物が多いです・・・。必要なものだけに囲まれたシンプルな暮らしに憧れます・・・。う~ん。

今回、「思い出の品」もかさばるものは捨てました。が、転校した時にもらった色紙や、手紙、成績表なんかは取ってあります。一番よく取れていたノートや、留学時代のノート、大学院のノートや課題は、今回でさよならをしました。さすがにもう要りませんよね・笑 一通り目を通していて、引越し準備序盤は、ノートや成績表のコメントに、一人大爆笑をしていました。

定期テストの連絡表をみたら、私は何点を取っても「いつもどおりやったらこうなった」しか書いていない⇒母が状況を踏まえて一生懸命原因の分析をしたコメントを書いているのを見つけて、笑いました。反省しようよ、昔の私・・・。失敗の原因を探ろうよ、昔の私・・・。こんなにアホだったとは思いませんでした(^^;
[PR]

by philosophia_nash | 2009-09-13 00:54 | Miscellanea
2009年 09月 08日

理系総理はどう?

今度の総理、鳩山さんってスタンフォード大の工学博士なんですねぇ。しかも、数式による問題解決学(OR)が専門とか。

うん、なにはともあれ、初の(確か?)理系の博士総理誕生は喜ばしい。文系脳は、簡単なことを難しく考えるように出来てますからね・・・難しいことも簡単にしてくれる理系脳に期待したい。

コミュニケーション弱そうなところを一応のレベルまでカバーしているのはやはり奥さんのおかげか・・・。スタンフォード時代の二人の写真の撮り方が、昔うちのパパとママが撮っていたのに似てて笑えました。当時留学してた人は皆あんな感じなのか・笑

しかし、イギリスやドイツは、理系の女性総理が歴代総理の中にいるんですねぇ・・・やー知らなかった。

日本で理系の女性総理はいつになったら誕生しますかね・・・100年くらいはかかりますかね。いや無理かしら。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-09-08 00:04 | Miscellanea