Philosophia

philo.exblog.jp
ブログトップ

2009年 08月 16日 ( 1 )


2009年 08月 16日

アマルフィ

今日は姉の誕生日祝いで、新丸ビルの「四川豆花飯荘」でランチをし、その後父と妹と一緒に「アマルフィ」を見てきました。この映画は是非とも父と見ようと思っていたのです(^^) 医療ドラマを医者がみると「なんだこれ」と思うように、やっぱりそうかなぁと。

なんだか、ちょっと相棒テイストなストーリーでした。映像は贅沢でしたが、二時間半くらいあったでしょうか、少し長いなぁという印象を受けましたね。前半部分、もう少しさらっと描ければ良かったような。

映画に出てくる日本大使館は、全て実物だそうで。あの内容でよく撮影許可でたなぁと。台詞や登場人物の態度は大げさな点もあったけど、この映画で描かれている大使館の様子はかなり実際に近いとのこと。会議の様子なんかけっこうリアル。ドラマなんかで描かれる時はイメージ先行で本当にヒドイですから。

私の印象では大使館の仕事や大使館員はもっとずっと地味ですけど(もちろん、ギラギラした人達もいるらしい)、要人が訪問する時はあんな風にどたばたらしいです。一番下っ端の人(ノンキャリ)が、新人の着任時に空港へ迎えにいったりアパート手配を手伝ったりするのも、そのままです。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-08-16 21:01 | Movie