Philosophia

philo.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 13日

真夜中のバレーボール

夕方5時から友人に誘われてVietnam Student Association主催のバレーボールのトーナメントにいっていました。一緒に行った友人は、なんと朝から他のトーナメントでプレーして、午後のプレイオフ(勝ち抜き戦)で負けたので速攻で舞い戻ってきて、参加したそうな。一人は30代、もう一人は40代で・・すごい体力(^^;今日のチームメイトとは会場で顔合わせ。今回は、女の子が足りないからということ私の友人の紹介で参加することになったので、チームメイト9人中5人は初対面。他のチームが大学生くらいの子達が主力で若々しいトーナメントなのに、うちは20代が3人の他は全員30歳以上というオジサンパワー全開チームでした。しかしやはりオジサンの技術はこなれています。若いものに負けず、年の功で準決勝までサクサクと勝ち進み、一番強いところには負けましたが2位でした。なんだか銀メダルまでもらってしまいました。

私としてはやはり、長年親しんだ女子6人制でバレーをするのが本当は一番楽しいです。100%取るのが無理だろ!っていうスパイクも飛んでこないし、顔面レシーブも滅多に起きないし、ラリーは続くのでドキドキできるし。でも男子とプレーをする楽しさは、やはりクイック等の高度なプレーが簡単に出来ることでしょうか。クイックは滞空力がないと出来ないので私レベルの女子では綺麗なクイックはなかなか打てませんが、男子では私のヘボトスでも見事に決まる。これは快感です。セッターってサッカーでいう司令塔、バスケでいうガード、野球でいう捕手みたいな役割なのかなって最近思います。一番近いのは野球の捕手かも。目立たないけど、実はちゃんとゲームを組み立てて、裏でほくそえむのです。そしてアタッカー(ピッチャー)の実力が無いと功労は報われない、と。最近セッターも楽しいです。

だけどこんな夜遅くにバレーをやったのは15年のバレー人生の中でも初めてでした。終わったら11時半。最後の方は乾燥してバレーで荒れた手の皮が裂けてしまい、手が血まみれ状態でセッターやってました(グロくてすみません)。あう・・痛くて指が曲げられません。ついでにこれを書いている今は既に1時過ぎているのでお風呂に入ってぐっすり寝たいと思います。嗚呼、学生じゃなくて良かったと思う瞬間でした(この時期、こっちの学生は中間テスト・課題の提出で死んでます)。
[PR]

by philosophia_nash | 2004-11-13 15:19 | Volleyball


<< 普通の日曜日?      Bridget Jones: ... >>