2007年 08月 06日

ドラマ&映画

ついでに、今クール私が見ているドラマや最近?みた映画のメモ。

<ドラマ>もう後半戦も終わりかけですが・・・今回は実家効果もあって多めに見てます(実家にいると他にあまりやることがないので・・・)。

・女帝
・山田太郎物語
・パパと娘の7日間

毎週欠かさず見ようと頑張ってるのはこの3つ(姉や妹の貢献のおかげ)。どれもそれぞれ面白いです。ドラマとしての面白さではこの中では「パパと娘の7日間」が一番ですかね。舘ひろしの女子高生演技が可愛くて仕方ない。あと2つのドラマは俳優陣の見たさが大きいかも。「女帝」は完全に昼ドラな世界と加藤ローサの女優としての新境地を楽しんでます(なぜ9時台!?)。山田太郎は個人的に好きな俳優がぞくぞく出るので、特に話にはポイントなくても、妹と一緒になんか見てしまいます。そして見ているうちにだんだん嵐の歌う主題歌がよく思えてくるから不思議です(ジャニ効果偉大)。見ていると父親に「こんなんみてアホやなぁ」と馬鹿にされます。

<映画>見たいものはあってもうち見に行けるのはその1/3以下なのですが・・・。既にDVD発売しているもの中心ですが一応見たものメモ。

・バベル
・さくらん
・時をかける少女(テレビ・映画は前に見ました)
・フラガール

何を見ようか迷ってたとき、渋谷ですれ違った外国人同士の会話がたまたま「Did you see Babel?」だったので、見ることにした「バベル」。ん~。私は微妙。表現者として、説明をあまりにサボるタイプの演出家を私はあまり良しと思えません。言いたいことが分かるには分かるけど、壮大なテーマだけにもう少し工夫が欲しい。「さくらん」は、ちょとポルノ風味で・・・平日昼間の映画館ではおじさんが沢山見に来てました。土屋アンナはビジュアル的には最高でしたよ。蜷川実花独特の色使いも印象的だし、音楽は林檎ちゃんだし、さすがの女子向け映画です。「時をかける少女」は2回目でした。1回目より良いと思いました。けどやっぱラストが切ない。女子高生は不器用だな。「フラガール」は、最近見た映画の中では最高。女子の成長物語映画としては、実話ベースだけあって話もしっかりしてて鑑賞後感がとても良い。ベテラン俳優人がしっかり脇を固めてて、かなり良い映画です。見ると蒼井優ちゃんのファンになること必至です。女子には絶対オススメ!
[PR]

by philosophia_nash | 2007-08-06 00:27 | Miscellanea


<< 初めての往診、そして・・・      バンド練習&いたばし花火大会 >>