2007年 03月 30日

くだらない悩み

最近、仕事場でなんというか人絡みの問題をよく目にし、耳にします。それでちょっとストレスがたまったので、吐き出したい点をいくつかかいてみます。

・仕事上の個人的感情
私は、仕事上では個人的な感情を排除して、プロフェッショナルとして仕事している人が好き。一緒に働く相手の力を100%引き出し、またさらに伸ばすことができるような人は最高だと思う。日本人はよかれ悪かれ、個人的感情を仕事の場に持ち込む傾向があるように思います。ちなみに私自身は感情というか情を持ち込みすぎで困ります。なまじ情があると、いざという時ドライに徹することが出来ない。友人だろうが恋人だろうが、パフォーマンスに妥協しないのが、プロですよねぇ。そうゆうときに、叱責しようが罵倒しようが、個人的な感情とは切り離されていると、双方が思えれば問題ないのでしょうが、中々上手くいきません。

・仕事が「よくできる」人間
ときどきふと思います、仕事が「よくできる」人間はとても少ないのではないかと。一定の条件が揃ったときに良いパフォーマンスを発揮できる人間はいても、いつ、どんな条件の下であっても、一定水準以上のパフォーマンスをし、一定の条件が揃った時には最高のパフォーマンスが出せる、そんな人間は少ない。

・仕事が「よくできる」人間2
じゃあ「よくできる」人ってどんな感じか。
- それがどんなに小さな仕事でも、どんなに短い期間の仕事でも、自分の人生には1ミリも影響を与えないような仕事でも、目先に利益に捕われず仕事は仕事として常に高いパフォーマンスを維持する。
- どんなに疲れていても、たまに病気をしても、家族に異変があっても、一定期間内でのパフォーマンス(生産量)は落とさないようにする。

こんな感じをイメージしてみます。言葉にしてみると超人的・・・。でもいることはいる。そしてそれは多分、能力の問題ではなく、大部分が心がけの差。賢い人間は山のようにいるけど、できる人間は本当に少ないなぁと自分のことを反省しながら、思うのでした。

・仕事が「よくできる」わけではない人間
では、「よくできる」人間以外はどうなのか。
特に不幸ということもなく、むしろ追い立てられるものがなく幸せだったりする?よほど生き残り競争が激化している会社でない限り、仕事が「よくできる」わけではないことについて、とりたてて責められることはないし、クビもまずない?最も容量のよい「よくできる」わけではない人間は、それを武器に必要以上に仕事が舞い込まないようコントロールも出来、上手くワークライフバランスを保っていたりする?容量の悪い「よくできる」わけではない人間は、ただ常に仕事が積もっているのみか?

・・・本当にこれが当たってるとしたら、なんだか複雑な気分です。漠然とですが、ひっかかります。
[PR]

by philosophia_nash | 2007-03-30 01:41 | Work


<< 異動      Twelve Y.O. >>