2005年 10月 13日

プログラミングはやらないけれど

うちの会社は、実はシステムメインの会社です。
私が就職した当時は、システム部門は既にけっこうな割合を占めてはいたけど(元は芙蓉グループの情報・コンピューター関係の会社だったそうな)、いわゆる"研究部門"がメインとして表に出ていたように思います。「総研」としてのネームバリューは相当あり、関連の職種を希望する学生は皆知ってました。システムを作ってるなんて知ってた人はどれくらいいるのか・・?です。

しかしグループの合併から約3年経ち・・似たようなシステム部門を個別に抱えているのは、無駄が多いし戦略的にも上手くいかないということで、システム部門統合です。それに伴い、うちのフィナンシャルグループの情報産業を扱う中核会社として位置付けられ、そして当初はかなりもめたらしい(?)ですが、わりと政治的な理由で、研究部門は二つに分かれました。1つはもともとあった"M総研"であり、こちらは銀行・経済関連の自主研究のみを行う。そしてもう1つが、"MHIR"の"Research & Science"、つまり委託研究+システム開発を伴う研究プロジェクトを行う、うちの部署である。てなわけで、うちは研究部門でありながらも、システム会社というわけのわからない立場に立たされています。昔からの客は「へー名前変わったんですか」でいいけれど、この一見訳の分からないスタンスと、出来たてほやほやの社名(誰も知らない)のせいで、新規事業開拓は非常にハードルが高いことになってます。

うちの中の情報・システム関連の研究分野さんはいいのですが・・唯一の文系人間がいるうちの部署(社会経済)なんて、この中で生きていくのはエライ大変です。去年はまだ、稼ぎがあったからいいものの、合併のあおりを受け(ネームバリューが減少したのと、一部の仕事をM総研にもっていかれた)今年は去年の2/3程度しか達成できないらしいので、ますます中枢部から睨まれること必至です。なんだかねぇ・・うちの部署が、うちの会社に居つづけるのは正直厳しいだろうなぁという予感はあります。中での配置換え(組織内改革)もしくはM総研との合併、MHIRからの離脱は近い将来ありえるかもしれません。そうなったらお引越し・・勤務場所が変わるのだけは面倒だから絶対イヤなんですが。

さて、私もその合併のあおりを受けた人間の1人であり、新入社員研修の一環として、情報処理試験を受けさせられています。いや、受けさせてくれていると言うべきなんでしょうかね。これは気の持ちようですが・・。最初去年の8月頃メールを頂いて「秋もしくは春の試験を受けて下さい」といわれた時には何事か!と思いましたが、なんだかんだで「基本情報」に受かった私は、次のステップへと今週末挑もうとしてます。・・・今度は爆死確実なんですが。

でも、せっかくの秋の日曜を、落ちるために時間を費やし何も得るものなし・・なんて悲しいので、今最後の悪あがき中です。やれるだけやってみます(でもちょっと遅い・笑)
[PR]

by philosophia_nash | 2005-10-13 00:06 | Work


<< いざ出陣・・の前に      RESET & GO >>