Philosophia

philo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 26日

暑さ寒さも・・

暑さ寒さも彼岸まで、っていいますが・・・
お彼岸を過ぎたら、やっぱり東京も秋を感じさせる気候になりました。
金沢2泊旅行から戻ってみたらば、なんとも涼しくて心地よい秋風が吹いていました。台風が通り過ぎたばかりとは思えませんね。明日はまた27℃くらいまで上がるようですが、ついに30℃を超える日はなくなりそうです。やったね!秋のお洒落もできます。秋バンザイ(笑)

思えば、最近3年間は9月が新たなスタートの月でした。カナダ時代に出会った数々の友人達は、皆それぞれの目標に向かってマイペースにこつこつと努力を続けていってます。数年後、彼らが輝いていくのが目に見えるようです。はてさて、私は去年の今ごろディフェンスと修論提出を終えてから、ちゃんと努力してきたんでしょうかねぇ。どうにも「人生のバカンス」に入っていた気がしないでもないです。色々な国や都市へいったり、新しい人達と出会ったりして、知的好奇心ではないにしろ、だいぶ枯渇気味であった情緒的な好奇心?は満たされましたけどね。

さて、どの星座にもやってくるという12年に一度の大運気というのがあります。今度の10月からはさそり座だそうです。私は乙女座なので、2003年の10月頃から2004年の9月頃までがその大運気だったんですよね。この1年というのは、私はボストンへ飛び、日本へ飛び、願書を出しまくり、そして数々の撒いて置いた種が目を出し・・と飛躍の年でありました。普段は意外に横着者で腰が重い私が、あれほどにフットワーク軽く、そして目指す先へ一心不乱に努力できたのは、やはり大運気に当たっていたからかな?と思います。もちろん、これからどうなるのか全く分からないという不安の中で、自分で未来を切り開くしかないとふんばっていたからというのもありますが。一歩踏み外せば崖っぷち、外国に放り出され(自分で行ったんだけど)母国と断絶しかけた人間は、なかなか精神的にサバイバルな状況に曝されます。そんな危機的状況なのに、なぜか脳みそは妙に楽観的で、変な自信と期待が不安と同じくらいの割合で存在しているんですよね。

そうしておそらく自分が最も望んでいたものを手に入れて今の状況に至る私ですが・・思うことは、私は世の一般の人より人間関係、というよりネットワークの構築が下手だなぁということで。根無し草のせいか、はたまたただの性格か。おそらくは、私の目的や趣向がハッキリしていないか他人から見て分かりにくいため、作っていくネットワークに有機的な繋がりがなく、結果としてあまり役に立ってないのだろうとも思います。無駄なネットワークならやけに沢山あるんですけどねぇ(笑)それも、無駄といっても人生の肥やしにはなるネットワークです。が、未来を切り開く、という点から見れば「ネットワーク」と言えるものですらないでしょう。自分がやりたいなぁ、近づきたいなぁと思う方向性を分かりやすく提示して、それに賛同し協力してくれる人達のネットワーク構築・・これが課題なんです。

社会人の思春期・・にはまだ早いですが、一個一個今の仕事をこなせるようになっていく傍ら、この辺りのこともちゃんと考えていかないと、つまらない人間、ひいてはつまらない人生と化してしまいそうで、今はそんな不安を感じてます。贅沢でしょうかね。単に楽しく生きろ、というなら簡単なんですが(例えばこの秋、好きなヴィクトリアン調の洋服が流行りで、秋の装いを考えているだけでも幸せな気分にはなる・笑)、何か達成していかなきゃきっとそのうち私はえもいわれぬ空虚感を感じてしまうような気がしてます。これも貧乏性かな(笑)才能無き者の、つらいところです。
[PR]

by philosophia_nash | 2005-09-26 01:09 | Miscellanea


<< RESET & GO      というわけで >>