2005年 09月 21日

というわけで

たんじょーびであります。
正確には夜8時50分の生まれなので、まだ25歳ですが(笑)

今日、同期と一緒に占いにいってきました。同期の1人のいきつけというので、皆でいってみようとなったのです。正直、ある時期から私は占いを必要としなくなったのですが、本来占い(というか分析)好きの私は、興味本位でいってみました。一度プロの占いを聞いてみたかったし、手相や姓名判断より、占星術なら気楽にきけますしね。誕生日を控えて、タイミングもよさそうなのでいってみました。

結果は、けっこう面白かったです。私は具体的な話より漠然とした今後の運勢と、自分の持ってい生まれた運勢なんかを言われましたが。やはりそうなのか、というのは私は乙女座ですが、どちらかというとてんびん座よりの乙女座であろうこと。今後の人生は、母に性格が似てくるだろうこと。意外だったのは、私の人生は「あそび」の要素が一番強いそうです。よく遊んで下さいって言われました(笑)好奇心に応じて、なんでもやってみればよいそうな。それが人生の肥やしになるんだと。こんな真面目に生きてるのに、「あそび」にはびっくりでしたよ。だから、文章でも絵でもなんでも、創作活動をするのはいいだろうと言われまして。広義で捉えると、つまりは私は人生においてなんでも楽しいと思ってやることが大事だということだと思いました。仕事も、不純なようだけど、私にとっては「あそび」の一環で、楽しくやるのが大事なようです。よく起業に向くとも言われますけど・・もっと文章力があれば、物書きでもよかったのでしょうかね(笑)はぁ・・面白けりゃいいって・・ちゃらんぽらんな人生だなぁ・・。

あと、自分でもよく神秘的な力というか、星の流れを理解している私は、「貴女には占いは必要ない」と言われました。小さい頃から占い好きだったので、大抵のことは言われなくとも分かってるし、大切なことは自分で判断するし、運命がどうであっても、自分の手で必ず塗り替えられる、強く望んで努力すれば、必ず道は開けると思ってますしねぇ・・。運勢が悪くても、良くても関係なく受け止めて、頑張るだけなんですよ。だから、現在の職業の適性については聞きませんでした。向いていようと無かろうと、私はしばらくこの仕事を続けますし、向いているかいないかは自分で判断するのが一番正しいだろうし。ただ、29歳、つまり30歳を前にキャリアチェンジをしかけるかどうかを決めようと前から思っていたのですが、占い師さんにもその辺りが転機だと言われました。貴女は1人でいても楽しそうだから、結婚してもしなくても、今の仕事を続けても変えても何でもいいわよ、ですって(笑)

なので、一番自分でどうしようも無い分野のことだけ聞いてみました(笑)結婚については興味深い意見が聞けました。同期に話したら、オオウケでしたが・・・(私だけ皆と言われたことが全然違った)。ま、概ね当たってそうです。特に悪い事は言われなかったし、よしとします。それと、解釈次第ですが、何も言ってないのに相手の現在の状況もピタリ当てたタロットはなかなかでしたね。また、もし何か悩みがあって、星の流れがどっちに導いているのか分からなくなったら行って見ようかなと思います。今日一緒にいった同期は全員みてもらったので、全員の共通点も見つかって、同じ会社に採用される人間の共通点みたいなのもあるんだね、と皆で話してました。確かに、就く職業によって適性があるとすると、人生との付き合い方みたいなものにある程度の共通性があるようです。私は、適職に「占い師」もよく入ってるので、いつか余興としてパートタイム占い師さんになってもいいなと思いました(笑)
[PR]

by philosophia_nash | 2005-09-21 00:59 | Miscellanea


<< 暑さ寒さも・・      Holiday開始! >>