Philosophia

philo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 20日

Holiday開始!

「あと3回寝返りしたら 今度こそ起きてみよう」
なHolidayの開始です(笑)

休みというのは非常に貴重ですね。しかも社会人になってからだと身にしみます。なんにせよ、平日が1日使えると沢山用事をこなせて嬉しいです。勉強もしなきゃ・・・と思いますが、とりあえず休日にまとめて勉強!とは思わず、今後の日常に勉強を取り入れていくための準備期間だと考えます。部署に配属されて、慣れるか慣れないかのうちに、あれよあれよとプロジェクトの渦中へと巻き込まれた私は、まともに物を考えられなくなってましたので。ちゃんと、今後のプランを立ててみようと、そんな休日にしてみようと思います。いやしかしあっという間なんだろうな・・。

休みの手始めとして旅行してきました。1泊だけで、山梨へ。実は修学旅行と父の実家に帰省する以外、ほとんど国内旅行をしたことがない私には、近場でも国内旅行は新鮮です。でもいつもびっくりさせられます。私にとってはいつも「日本」として捉えているのは、常に東京のイメージで、「日本=東京」なわけです。地方都市、特に大都市以外にいくと、これも日本なんだよなぁ・・とびっくりさせられっぱなしです。

そりゃ今はどんな田舎でも電気もガスもほとんど通っているし、最近じゃちゃんとインターネットが使えるところも多く、全国展開のチェーン店の発展のおかげで、全国どこでも似たようなお店もあります。マスコミの影響で、全国どこでも女子高生は同じような格好をしてますし。・・・でも「これが本当に先進国日本なのか」と思うことも度々です。特に、なぜあんなに「寂びれた」感があるのでしょうね・・地方の町は。

海外の先進諸国は、日本以上に田舎町が多いです。都市部はさすがに発展してますが、車で30分もいけば畑だらけなんてことはよくあります。近隣の町は本当に小規模ですし。明らかに車がないと生活できなくて、静かで、自然以外ほとんど何もない、という町は沢山あります。だけども、特にヨーロッパは顕著だけれども、時間が止まったようなその町は、むしろ大都市より幸福そうに生きているんですよね。

町の人もそうで・・。必要なものは大都市に買出しにいけばよくて、それ以外の時間は、静かに町で過ごす。インターネットがあるから、何も大都市に住まなくてもビジネスは出来る。そこに住んでいる人が、その町を愛していて、物も産業も、町が存続していくのに必要な分だけ、それだけある。そこで生まれた者は、一時教育を受けに出て行っても、必ず帰ってくる。むしろ「村」みたいな。・・決して大都市を真似た安易な発展の仕方を許容しない、あの雰囲気。21世紀、IT革命の中でも確固たるIdentityをもって生きている小さな町が私は好きです。残念ながら、過疎化がどんどん進む日本の田舎の町は、そうゆうところが少ない気がします。チェーン店が続々広がって、大都市の皮をかぶった寂びれた町ばっかりになっていったら、日本の地方都市はつまらないものになってしまいますよねぇ。これも「どうしたらいいんでしょうねぇ」と思うことの1つです。

日本=東京、じゃないんですよね。実は東京がとても特殊で。東京に住んでいるとこれが普通だと思ってしまうから・・日本で仕事をしていくなら、私はこれを忘れてはダメだなーと思います。
[PR]

by philosophia_nash | 2005-09-20 23:26 | Holiday


<< というわけで      さてと >>