2005年 08月 02日

「夢をみましょうか」

残業帰りの道、ほうっと夜空を見上げてました。
「やらされている」残業じゃなくて、文化祭みたいなイベントの盛り上がりで居残っていると思えば、残業もそれなりに楽しい。で、終わって月を見上げたらなんかちょっと満足感さえある。

心境としては伊達宗広が詠んだ句をかりて

『月見れば 人ぞ恋しき その人も おなじおもひに 月や見るらん』

ってトコロでしょうか。
ま、そうあって欲しいですけど、現実は多分そんなことないでしょう(笑)ザンネン。
それに実は古文が苦手なので・・・日本人なのに勿体無いですね。現代語と意味の違う古語くらいは覚えてますが、ではその意味は?となると、かなりの勢いで推測の産物です。

とにかく日々色々あるけど、今宵は静かに、よい夢でも見ましょうって思います。すぐにはどうしようもないこともある。そうゆう時は、ゆっくり、一歩踏み出せばいい。

期せずして、私の周りには色々な風が吹き始めてます。じゃあ私にできることは、きっとどれだけ風が吹いても揺るがないでココにいること。いつでもそこにいて頼れる安心をあげることだと思う。いつか私が揺るがない魂に助けてもらったように。
[PR]

by philosophia_nash | 2005-08-02 01:59 | Miscellanea


<< 妹の帰還      夏の商戦?のはじまりはじまり >>