2005年 07月 25日

Bitter & Sweet

苦さと甘さは正反対なんだけど、わりと近くに存在する。
実際、より深い甘さを感じるためには苦味の味覚が発達してないとダメらしい。

でも誰だって苦いのだけは辛い。本当は、苦いものはなるべく避けたいと思う。
甘い方がいいもの。でも、苦さを感じられないと、ちゃんと甘さを分からない。

なるべく、なるべく、苦くても、にが~いって顔をしたくない。
それほど、子供ではないと思いたいのかもしれない。
甘いなって顔してれば、甘く感じるかも・・・・
な~んてこともないのです。

はてさて、なかなか上手くいかないもんです。
自分のエゴの方が時々勝ちそう。甘いものだけでいいや、みたいに。
むしろ、甘さも無くてもいいから、苦さなんて要らない、って思うときもある。
何もないなんて、さぞかし味気ないだろうとは思うけど。

難しい難しい。皆どうやって感情をコントロールしているのか
教えてほしいもんです。禅でも学ぼうかなぁ。どうも私は
余計なことを考えて心を振り回し過ぎる癖があります。

最低限、あればいいと思いたい。ホントに大事なものだけ。
そしたら、ほんのわずかな甘さにも、ちゃんと気付ける気がする。
そして相手にとって甘いものは、自分に苦くても、笑えるように。
もう少し、懐が深い人間になれるように。
そんでいつでもちゃんとここに居ることを、信じてもらえるように、かな。
[PR]

by philosophia_nash | 2005-07-25 23:50 | Miscellanea


<< 夏の商戦?のはじまりはじまり      Pride & Prejudice >>