Philosophia

philo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 07日

七夕の夜

もうすぐ終わってしまいますが今日は七夕です。
雨が降らなかったところを見ると、今年は無事に織姫と彦星が会えたのかなぁなんて一応考えてみます。うちの地元の駅には、七夕の飾りがあって沢山の短冊もつけられてました。ちらりと見たら、なんだかけっこう切実な願いもあったりして面白い(^^;今自分が短冊を書くとしたらなんて書くんだろうなー。何かに自分の願いを託すのって本質的に他力本願だと思うから最近あまり好きじゃないけど、でも現実に自分の力ではどうにもならないこと、七夕にはふと書いてみたくなりますね。

さてさて、昨日は朝凹んで、反動で午後から夜までつっぱしって頑張って。今日は朝からスッキリ頑張りました。余裕の出社で、朝の仕事もサックリと始められました。あ~これが本来あるべき社会人の姿なんだろな・・とは思いましたね。結局企画書を仕上げないといけないので、今日も昼休み返上でガツガツ仕事してましたが、意外とつまづいて進まない。でもこうやって詰めていってベストな物を出していかないと、いつ他社に仕事を取られるか分からない昨今のシンクタンク事情です。

今回、結局私のとりえは「立ち直りが早いこと」くらいなんだろうと思いました。誰にだって調子が悪い時はあるけれど、そうゆうときになるべく底まで落ちて自暴自棄にならないようにして、そして出来る限り早く立ち直っていくかいかないかで差が出るんじゃないかなぁと漠然と思ったり。だから、凹みやすい性質は立ち直りの早さでカバーしていくしかないんだと思う。幸いにも、「もう立ち直れない」と思った状況を数回人生でくぐり抜けてきたので、おそらく仕事で大失敗して会社に大損害をもたらしたり社会的信用が失墜したりしない限りは、大丈夫なんじゃないかと思う。

さらに今回、意外にも多くの人に心配されていたことが分かってびっくり。実は部長にも、室長にも、教育係にも、はたまた部署内で一番遠い室の有名な人にまで、噂が廻って心配(?)されていたようで。なんだか私(と同期のY村ちゃん)は色々な意味で目立つらしく、いつも『ガンガンいこうぜ』モードに見える分だけ、調子が悪いと目立つんだろうけどね。放任なのかと思ったらけっこうちゃんと新人の育て方を考えてくれてる。なんだ、やっぱりけっこういい会社(部署)だ。うちの部署はやっぱり、理論派より人情派な人が多いのかな。

そして、しばらく会ってなくて一言も「調子が悪い」という旨をもらした覚えの無い人にもなんとなくそう聞かれた。こうゆう人が私の周りにはけっこういる。たまたまメッセで話したとき「・・・」がいつもより多い、というだけでズバリ言い当てた人すらいたり(笑)そうゆう人達の存在も、とっても有難いと思う。調子が悪い時には、心配して励まそうと的外れなことばっかりしたり言ったりしてる道化のようなパパや、さりげなく私の好物を作ってくれるママや、控えめにだけどあからさまに(笑)ペッタリ絡んでくる妹の存在が恋しいかもしれない。あと1ヶ月たったら最愛の妹であり私の癒し物体「ぬいちゃん」が一時帰国してくるので、それを励みに頑張ってみます。早くぬいちゃんのほっぺをキューっとして、ハグしないと持たない(笑)
[PR]

by philosophia_nash | 2005-07-07 23:17 | Miscellanea


<< 悩みとは      そんな日もある >>