Philosophia

philo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 26日

上司A戸さんと私

最近統計解析の専門家であり、室長を除いて一番うちの室で偉いA戸さんの直下でお仕事を手伝っている私。数あるプロジェクトの中でもこの人とやる仕事が一番大変。なにが大変って、この方は仕事を頼むときほとんどの場合「今日中」とか「なるべく早く」という急を要するものばっかりで、かつ説明がほとんど無い。

や、正確にいると説明はちゃんとしているんだろうけど、A戸さんの脳内にある大前提に私が全然付いていってない。A戸さんは統計ソフトの中でもずっと王道を貫いてきたSASユーザーで、私は統計ソフトの中で一番の文系の味方・SPSSユーザー。この二つのソフト、そもそも作りがぜんっぜん違って、操作の仕方も当然全く概念レベルで異なってる。だからA戸さんが「やって」ということがSPSSでは出来なかったりする。でもSPSSのマニュアル本もって、「これこれ、こんな風にやっておいて」で説明終了。そんな~~!

結局昨日から私もSASを使ってます。A戸さんが書いたプログラムをそのまま流せるので、話がすれ違わない分使い方をほとんど知らなくってもラクです。学生時代からSASやっときゃよかったな~トホホな毎日。ただの記述統計を得るためでも、マニュアル見て、人に聞きまくらないと分からないような状態。基本統計プログラム全種類をまとめてくださいって感じです。読めることは読めるので。しかもSPSSの中でさえ、やったことない分析なんて山ほどありました。知らない分析を馴染みの無いソフトでやるのは至難の業です。時間ばっかかかって困りますね。だいたい修士の2年や3年に何を期待するというのか・・。私は大規模な調査の二次分析だけはそこそこのレベルまで出来るけど、実は他の分析方法あんまやったことないんだもん・・・。日本は欧米の尺度を訳して作り直してって作業に院生の大半が時間を費やすけど、そんなことやったことないもん・・。と、ちょっぴり愚痴を言ってみます。

A戸さん曰くは「やったことあるかないかは関係ないからさ」なんですけど。そらそうだとは思います。学んでいかなきゃ意味がないですしねぇ。でもA戸さん、1回で覚えるからせめて最初くらいはやり方教えて下さい(切実)。
[PR]

by philosophia_nash | 2005-05-26 23:03 | Work


<< 遊び倒す金~土!      給料ぼったくりかも・・? >>