2009年 10月 08日

モンパルナス楽しいですね

思えば、モンパルナスを歩き回ったことはこれまでほとんどありませんでした。日本でいうと下北沢とガイドブックでは表現されていましたが、ちょっと裏通りに入るとカフェやバーが沢山あって、かなり活気があって楽しい場所です。 パリに住んでいたのは小学生の時だし、旅行で来た時はまだ学生でしたからねぇ。社会人になって訪れるとまた違いますねぇ。

諸事情により予約していたレストランをキャンセルすることになったので、今晩はバーでビールとオニオングラタンスープ・オムレツとサラダというカジュアルな食事をしました。オニオングラタンスープがゲキウマでした・・・チーズがものすごい量入っていて、幸せでした♪

そして、レフ・ブロンドの樽生が、なんと2.5ユーロで飲めて感激です★ ハイネケンの隣にレフがあったので、速攻頼んでしまいました。ワインもいいけど、ビールもいいですね♪そこら辺のビール&ワインバーでもけっこう美味しい食事を出していて、さすがパリです。・・・ロンドンじゃこうはいかない。

会議は、なんとびっくり、国名は名札は全部仏語で書いてあるのに、会議では今年はフランスもスイスも皆英語で発言していて(去年までは仏語だったそうで)、一応同時通訳がついているのですが、ヘッドフォンせずにずっと聞いていられるのでかなり楽でした。でも・・・人のことは言えませんが、皆かなり母国語なまり強いですね。ギリシャ、エストニア、チリ、イタリア辺りは一瞬英語に聞こえないくらいバリバリの母国語アクセントでした(^^;

チリの出席者の人がとっても格好良かったので、素敵♪と思っていたらば、ふと横から見た瞬間おかしなことに気付いてしまい・・・。髪は短いのに、後頭部の一部だけ伸ばしていて、ちょっとくるんとまとめてある・・・なんというか、ラーメンマン風の髪型なんですよ!!あぁ・・・せっかく格好いいのに・・・チリの官僚であの髪型は許させるのですねぇ。会議中暇なときはもっぱら人間観察してました。healthの分野のせいか、女性の出席者も多くて、お隣のイタリアのお姉さんは美人でした♪アメリカの出席者であり議長でもある女性が一番英語綺麗で喋り上手でしたねぇ・・・やっぱりカナダ人よりアメリカ人の方が英語綺麗ですね。

ちなみに議題であるSHAのことを「エスエイチエー」と日本語では言っていたのですが、会議では皆「シャー」と呼んでて、一人でウケてしまいました。日本人的には「シャー」と聞くと、別のものを思い出してしまいます。SHA1.0、SHA2.0のことを「シャーワン」「シャートゥー」と皆が連呼するので、密かに楽しんでいました。あと、UKが仏語では「Royaume-Uni」であることを、初めて認識した気がしました。字面だけ見ると、イギリスって感じしないです。どこのl国かと思いました。

そんなわけで会議1日目終了です。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-10-08 05:17 | Miscellanea


<< パリの日の出は遅い      少しほっとしました >>