2009年 09月 30日

for or against

ちょっと前に友人達と飲んでいる時に話題になったお題です。
政治的な話じゃなくて、 「村上春樹」についてです。

割と本好きが多かったので本の話をしている時に、「村上春樹が好きか嫌いか」で分かれてみたら、その時はちょうど3対3。村上春樹って、好きな人は凄く好きで、ダメな人には徹底的にダメな作家さんなんだなぁと改めて認識。

わりと、仲の良い友達には村上春樹好きが多い私。ダメなんですよ・・・自身は。全部読んだわけじゃないので、大きなことは言えませんが、世界観も、出てくる人物像も、何もかもがダメ。文章がダメとか、描写が悪いとか、話が面白くないというわけでは、全く無く。文体が読みにくいと思ったことはないですが、一番辛いのは人物かなぁ・・。 たまたま読んだ話と相性が悪かったのかもしれないし、今読んだらまた違うかもしれませんけどね。

で、その時、またメンバーが少し入れ替わった時に同じように好き嫌いで分かれてみたのですが、「なんとなく、好き派と嫌い派って分かるよね」という話をしまして。「嫌い派」はリアリスト寄りが多いのかな?という感じです。+ちょっとミーハーかな・笑それから、多分本に求めている物が、好き派と違うんだろうと思います。

私は、今も昔も読む本は実用本が多く・・・今も読まなきゃいけないリストがいっぱいなので小説に手を出せずにいますが、小説読むならエンターテイメントとして徹してほしいので、やっぱり推理小説が好き。ジェットコースターのように非日常を体験させてくれ、頭もちょっとだけ使える。わりと、物語の目的がハッキリしているから、読んでて楽なのかなと思います。その他の小説をあまり読まないようにしているのは、むしろ感情移入の度合がかなり高いからというのもあります。しんどい本はしんどくなるので、読まないようにしてます。

とりあえず今はまだテロ事件の方の「不都合な真実」を読み途中です。だいぶ核心に迫ってきましたがまだ1/3くらいある・・・。主にお風呂で読んでますが眠くて最近進んでいません。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-09-30 00:49 | Miscellanea


<< Reading Assignm...      やっぱり便利・・・でも妨げでもある >>