Philosophia

philo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 20日

めざせカナダ屋

突然ですが、今度、カナダの医療・介護制度について講義をすることになりました。

講義といっても、大学みたいな教育機関じゃなく、カナダへ視察にいく病院関係のサービス業の方々への制度についての事前レクに過ぎないのですが。

うちにカナダについてのレク依頼が来て、「カナダといえばnashさん!」となったらしく・・・。ついにnash先生と呼ばれる日が・・・!!

ちなみに私、博士持ってないし、院時代の専門は医療とか介護ではなく、公衆衛生の中でも行動科学なんですがね・・・(しかも何年前だ・・・)。もちろん、医療制度の基礎知識も一応ありますし、受診経験もありますし、全く知らないわけないけど・・・・べ、勉強しないといけないですね。幸い、メインがオンタリオ州みたいで良かった・・・。ブリティッシュコロンビアとかサスカチュワンって言われるとねぇ・・・。でもケベックも入るみたい(><)守備範囲外!

実は、カナダやアメリカは州単位で制度が動いているのでデンマークやスウェーデンみたいな分かりやすい専門家(~~屋)が極めて少ないのです。アメリカはまだ、日本と制度は全然違うのだけど無視できない国なわけで、皆基礎知識あるし、ウォッチしている人も多数いるのですが・・・カナダは地味な国だから・・・。というわけで、にわかカナダ屋として私が出て行きます。

カナダの医療は・・・けっこういい制度だと思うけどいかんせん予算が少なく公的医療の抑制がすごくて・・・MRI半年待ちだし、風邪ひいても医者に診てもらえる(しかも治療ではなく診断のみ)のは7日後とかだし・・・。もう治ってるって!でも、介護・福祉系では見習いたい点も結構あるんですよ。

え~良いところも悪いところも含めて、これがカナダ!をレクしようと思います。カナダ屋、本気で目指そうか・・・。てか、視察に私もついていきたい・・・。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-08-20 23:25 | Work


<< バレーボール見てます      びっくりしたこと >>