2009年 07月 30日

忘れないうちに書評

今日は蒸し暑かったですね。いくら空調が効く時期になったといっても、今日の午前中の中医協2時間半は皆辛そうでした。私は途中参加だったので気楽でしたが・・・1時間以上は居たくないです。

さて、だいぶ前に読み終わっていた本の感想を。

「闇の世界金融の超不都合な真実」 菊川征司 (2008)

面白かったです。小さい文庫なので通勤電車で電車に乗っている時間が20分に満たない私でもけっこうあっという間に読み終わりました。大半はパーマかけている間に読みましたが。

読んでいて、そういえば9.11の時、突然起きた信じがたい出来事が綺麗にテレビに映し出されたのを見て、「まるで映画を見ているみたいだ」と思ったことを思い出しました。アメリカの歴史を振り返りながら、日本を含め世界がどう歩んできたか読んでいけるので面白いです。

また、この本でブッシュの知能は「小4レベル」と言われていますが、まったく別の本(コンディの「プライドと情熱」)でも「彼は書類やマニュアルを読むことを嫌う」という旨がところどころ書かれていますので、あぁ本当にそうゆう人なのだと改めて実感したり。本も読まないんでしょうねぇ。

「アメリカは真珠湾のときのように、9.11が起こるのを知ってて見過ごした」 という噂?は知っていましたが、まさかここまでとは・・・。あ、でもこの本には9.11のことはそれほど書かれていません。それはもう1冊の「9・11テロの超不都合な真実―闇の世界金融が仕組んだ世紀の大犯罪」をどうぞとのこと。

5次元文庫ですし、どこまで信憑性があるか・・・という話もありますが、私程度の知識では事実の検証は出来ないですし、ちゃんと検証できる人は生きてなさそうです。というわけで、このくらいのことが真実だと思っていて損は無い、という気がしています。

私の嫌いなあの国はこうやって出来ているだなと理解できました。日本も人事ではないけれど。
[PR]

by philosophia_nash | 2009-07-30 00:07 | Work


<< 6年ぶりのビーチ      アップデート >>